Fandom


長沢 美樹(ながさわ みき、1970年7月11日 - )は日本女性声優アトミックモンキー所属、劇団ヘロヘロQカムパニー所属。福島県郡山市出身(生まれは北海道帯広市)。血液型A型

経歴 編集

小学生時代に、『風とともに去りぬ』を見て映画のみならず漫画、小説などにも手を出し、その影響を受ける。高校生3年生の秋、進路決定に際して当初はアナウンサー志望であったが、最終的には声優となる道を選ぶ。

その後、福島から上京した長沢は、予備校声優養成所に通う中、20歳の時に養成員仲間であった関智一との交際を開始する。この交際は、24歳の時に関の浮気が原因で終了したが、その後も関と一緒に行動している事が多く、ラジオ番組やアニメ作品では数多く共演している。さらに、関やその他の仲間と共に事務所や劇団も設立した。『真・感覚ラジオ番組 小野坂・伊福部のyoungやんぐヤング』やその他のラジオ番組では交際していた事を自ら笑い話の種にしており、子安武人等の仲のいい人間からも公共の場で笑い話にされている。尚、関はこの事で長沢の両親からお咎めを受けていた。長沢も『関は破局後も浮気ばかり』とコメントしている。

声優としてのデビュー作は『それいけ!アンパンマン』。

1995年には『新世紀エヴァンゲリオン』の伊吹マヤ役、『KEY THE METAL IDOL』の厨川さくら役などで存在感をしめし、1996年には『勇者指令ダグオン』のガンキッド役で、勇者シリーズ初となる勇者役を演じる女性声優となる(男勇者としては唯一だが、女性声優で女勇者は『勇者王ガオガイガーFINAL』の光竜・闇竜・天竜神〈担当声優は田村ゆかり〉がある)。

その後、1997年に、TVシリーズ『吸血姫美夕』の美夕役で初主役を務めた。

人物・エピソード 編集

気性のさっぱりした女性や、活発な少年等を演ずることが比較的多いが、『スーパーロボット大戦シリーズ』のスレイ・プレスティのような大人でいわゆる「ツンデレ」の女性を演じることもある。元は俳協に所属していたが、関智一とともにアトミックモンキーに所属することになる。

  • イベントで『悠久幻想曲』の曲の歌詞を忘れ、ごまかそうとしてハミングすればよくある話だったが、「ギャギャギャギャー」と歌い、しばらくの間様々なところで笑いの種にされた。また、歌唱力に致命的な難があるため、ボーカルを編集するスタッフが頭を抱えることがある(『エリーのアトリエ』などで顕著)。
  • アンガールズ山根良顕に似ていることが自身のラジオ番組で明らかとなった(本人は優香似と主張)。小西克幸の証言では、ほっそりしているため、体重で開くタイプの自動ドアに反応しないことが多いらしい。
  • ラジオ番組では冒頭で「がっつんわ!!」と挨拶するのが恒例である。彼女が作るカレーライスはそれに由来して「がっつんカレー」と呼ばれており、声優界においては大原さやかの「さやカレー」と双璧をなす珍品カレーである。
  • 最近は岩永哲哉との共演が多いが、先述のように関智一との名コンビが有名(舞台やラジオ番組のほか、『NARUTO』では双子の兄妹の役で競演している)。
  • プライベートでは、BLドラマCDを聞くのが好きであると『BLドラマCD プラス20cmの距離』で自ら暴露した。

出演作品 編集

テレビアニメ 編集

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

特撮 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ 編集

CD 編集

舞台 編集

テレビCM 編集

1993年

  • JT HALFTiME 缶コーヒー 「完熟豆」

関連項目 編集

参考資料 編集

外部リンク 編集

テンプレート:アトミックモンキー

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。