Fandom


関 智一(せき ともかず、1972年9月8日 - )は、日本男性声優ナレーターアトミックモンキー所属。東京都江東区深川出身。血液型AB型星座おとめ座

概要 編集

本当は9月7日生まれであるが、両親が「末広がりの八の方が良い」という事で、翌日の9月8日に役所へ出生届けを出した。

現事務所・アトミックモンキーの看板俳優であり設立メンバーであるが、一部では同事務所が関の個人事務所と誤解されている向きがある。実際長沢美樹杉田智和が所属している様に、同事務所が関の個人事務所と言う訳ではない。また、かつては東京俳優生活協同組合に所属していた。

声優業の傍ら舞台も精力的にこなし、劇団「ヘロヘロQカムパニー」の座長も務めている。また山口勝平高木渉との三人芝居のユニット「さんにんのかい」の活動も行っている。2000年までは岩永哲哉と「王子とお頭」のイベントをやっていた。それ以降もドラマCDである『Cafe吉祥寺で』にて共演している。

声優デビューは海外アニメ『レポーター・ブルース』(1991年)での農夫役の吹き替え。1993年、『機動戦士Vガンダム』のトマーシュ・マサリク役が初レギュラーとなる。

チイチ」(智一の音読み)、「ちんちん」(山口勝平に呼ばれている)、「シモネタ王」など、数々のあだ名を持っている。

特色 編集

少年役から青年役まで実に様々な役をこなす。今までに『機動武闘伝Gガンダム』のドモン・カッシュをはじめ、数々のヒーロー役を担当している。役においては多くのヒーロー物における「雄叫び」「叫び声」や『ドラえもん』の骨川スネ夫などで浸透する高音と『ONE PIECE』のロブ・ルッチでは低音を利かせた演技など、シリアスからギャグまでカバーする。またタフガイを演じることも多く、『機動戦士ガンダムSEED』のイザーク・ジュールのように戦闘シーンで激情をあらわにする役柄も非常に多い。『羊のうた』や『無限のリヴァイアス』で危ないシスコン系キャラを演じた事もある。

また『新世紀エヴァンゲリオン』の鈴原トウジ、『ロザリオとバンパイア』の森丘銀影などの関西弁キャラクター、『ニニンがシノブ伝』のサスケのような二枚目半、『フタコイ オルタナティブ』の双葉恋太郎のような情けない役、『焼きたて!!ジャぱん』のピエロ・ボルネーゼのようなギャグキャラクターも演じている。更に『フルメタル・パニック!シリーズ』(相良宗介)では、『ふもっふ!』での宗介のボケ役と『the second raid』でのクールで格好のいい宗介役をこなし、『武装錬金』ではムーンフェイス役で16種類の声色と火渡赤馬を含めた17の声色を披露した。

2000年代は映画『犬夜叉 時代を越える想い』の瑪瑙丸以降、『Fate/stay night』のギルガメッシュ、『夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜』の比泉円神、『ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜』の黒ギルガメス、ゲーム『BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲』のアルトゥロ・プラテアドのように悪役を演じる機会も多くなっている。また最近はナレーションとしての活動もあり、『アニメイト』の兄沢命斗では声だけでなく、本人が兄沢のコスプレで顔出しとして出演したこともある。

吹き替えでは韓国俳優・チャ・テヒョンの担当をしており、持ち役となりつつある。また、『スーパー戦隊シリーズ』などの特撮作品においては、甲高い声を使った軽妙な悪役や冷酷な野心家を演じる機会が多いが、『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』では仮面ライダーアマゾン、イカデビルを担当している。

ペルソナ4』では、メインキャラの一人である巽完二を演じているが、その時には本来の完二の口調である不良っぽい喋り方と、もう一人の彼であるシャドウ完二の口調であるオカマのような喋り方を見事に演じ分けていた。共演している山口勝平曰く、「かなり気合を入れて演じていた」とのこと(『電撃マ王』別冊付録掲載のインタビューより)。

子安武人とはプライベートでも親交があり、その子安と作ったコントCD『VERSUS』『VERSUS2』では、共演した『頭文字D』『キャプテン翼』のパロディコント(トラック名は『高林兄弟』『副キャプテン翔』)をしている。そんな子安が『∀ガンダム』で演じたギム・ギンガナムの愛機ターンXシャイニングガンダムの必殺技を引き継いで使用。演じた子安は、関に「智一、俺もシャイニングフィンガー言ったぞ」と伝えたという。

人物 編集

俳協時代から現在に至るまで同じ事務所に所属している女性声優の長沢美樹とは19歳頃から4年ほど交際があったものの破局、現在では腐れ縁的な親友関係である。

いわゆる「下ネタ」が好きで、ラジオ等で連発したこともある。親交のあるあかほりさとるからも「外道」と言われている。同じく「下ネタ」を連発する岩田光央から「あいつは下ネタ声優No.2だよ」と言われた(ちなみにNo.1は小野坂昌也、No.3は岩田光央)。これらが原因で、先述したあだ名をつけられる羽目になっている。 主演を務めたラブセレブのドラマCDでもそのエッチ才能を思う存分発揮し、キャストトークでもさらりと下ネタを連発していた。

女性の好みについてはとても公に出来るものではなく、ラジオで語った時はその間ずっとクラシック音楽が流れていた。

当初は自動車運転免許を持っていなかったが、『頭文字D』の高橋啓介を演じた事を機に、触発されて運転免許を取得した(愛車をぶつけた事を、同作の中里毅のセリフに引っ掛けて「板金○万円コースになってしまった」とトークイベントで語っている)。

自身の出演作以外のアニメはあまり見ない。理由は、「この役は自分がやりたかった。自分ならこうする」など、出演声優と自分の演技を比べて色々と考えてしまうため。 主催する劇団ヘロヘロQカンパニーでは関自身が脚本を書くこともある。また同劇団の定期公演以外にも他劇団の客演をすることもある。

趣味 編集

声優デビューする以前の学生時代にフィギュアメーカー海洋堂へ通いガレージキット製作を学んでいた。それが実を結び後に数量限定ではあるが関自ら原型を製作したフィギュアが販売された。模型専門雑誌『月刊モデルグラフィックス』誌とは『Gガンダム』放送当時より親密で、その後も長きに渡って連載ページをもっていた。コラム記事だけでなく、自身もモデラーとして多数の作品を発表している。関自身の原作による『コスモX』や、「長く続いているシリーズの中で異端児的扱いされている様子が自分(=『Gガンダム』のドモン)には他人事に思えない」と言う事で、ウルトラマンレオのフィギュア等も自作した。また、何とマスターグレード・ゴッドガンダム発売の折には、ドモン=関自身がレビュー作例を担当するという模型雑誌史上に残る驚愕の展開へと発展した。現在も『電撃ホビーマガジン』にてコラム連載を継続中である。模型誌上では「関さま」と呼称される事が多い。造型だけでなくイラストも得意とし、『衛星アニメ劇場』にゲスト出演の際は色紙に『彩雲国物語』の紫劉輝のカラーイラストを(本人いわく「徹夜して」)描いて持参するほどであった。また、ポアロのアルバム2作品でジャケットデザインを担当した。

業界屈指の特撮好きであり、特に『仮面ライダー』マニアとして知られている。自身のCD『関智一の勝手に祝うライダー35周年!』では、歴代(1号ライダーから仮面ライダーZXまで)の関連曲の数々を熱唱。主題歌だけでなく、おやっさんのテーマ『俺は立花藤兵ェだ』などの挿入歌までをも網羅してカヴァーしており、さらにこのアルバムの為に滝和也(1号・2号ライダーの名パートナーである捜査官)のテーマ曲を新たに製作するほどである(作詞は関が担当)。さらに、自らの歴代ライダー(変身前)のコスプレ姿をジャケットにするという蛮勇を奮っている。このアルバムについては漫画家でこれまた業界屈指のマニアである村枝賢一も『週刊少年マガジン』の『仮面ライダーをつくった男たち』の第2話掲載号に巻末コメントで太鼓判を押している。逆に関は村枝の漫画作品である『仮面ライダーSPIRITS』の公式ガイドブックにおいて多くの漫画家、イラストレーター、アニメーター、デザイナーと並んで村枝へのメッセージとイラストを添えている。また、平成ライダーシリーズにも複数作連続で参加している数少ない声優の一人でもある(この他に該当するのは塩野勝美遊佐浩二など)。

特撮好きが高じ、自身が考案した実写ヒーロー作品『銀河ロイドコスモX』はビデオシリーズとして全3巻がリリースされている。本作品では原作だけでなく、関本人が十文字宙/コスモX役と主題歌を担当した。また後年『ヒーロークロスライン』参加作品として漫画となってリメイクされた際にも、原作者として『ヒーロークロスライン』の設定に合うようにストーリーを構成し直し、漫画担当の細雪純へと提供している。

エピソード 編集

  • 自身のラジオ番組内で、過去に声優の三石琴乃に告白し、ふられた事があると告白した[1]。後に三石が自身の体を叩く音で演奏するCDアルバムを作成している。
  • 声優の川澄綾子とは恋人役・夫婦役・敵役などで非常に多くの作品で共演している。(「のだめカンタービレ」など)桑島法子との共演も多く、偶然にも逢坂浩司の追悼展示会では、声優では桑島法子と関智一のみが追悼文を寄稿している。
  • 子供のころ、ドラマのロケで近所に来ていた武田鉄矢を呼び捨てして殴られたことがある(『ドラことば 心に響くドラえもん名言集』でのインタビューより)。
  • らっきー☆ちゃんねる』でゲスト出演した際、イベントで渡米中に後1日滞在できる筈だったが、急遽出演と言うことで帰国し、その足で収録したことがある。
  • 劇団 小野プロデュース(小野プロ)の代表小野真一とは15年来の付き合いである。また、小野プロがイベントの監修を努めるテーマパーク「ナンジャタウン」では2006年、2007年、2008年とハロウィンイベント「レイヤーズパーティ」にゲスト出演した。その際プライベートでもよくナンジャタウンを訪れていると発言している。

ガンダム関連 編集

Gガンダム関連 編集

テンプレート:独自研究 出世作となった『機動武闘伝Gガンダム』では主人公・ドモン・カッシュを演じている。そのドモン役のオーディション当日の天気は雪で、帰り道で滑って転んでしまい、「これは完全に落ちたな」と落ち込んでいたが、後日合格の連絡を得て、晴れて人気シリーズの主役を獲得する[2]

TVシリーズ終了後も、DVD化のおり宣伝ポスターのラフを描いたり、トイレにはキャラクターデザインを担当した逢坂浩司から貰ったドモンとレインの最終回後の絵を飾っているなどと語っており、『Gガンダム』及びドモンに対して未だに思い入れを見せた発言がある。また本作品で監督を務めた今川泰宏の関連作品にはその後も多数出演。『鉄人28号』には関刑事なる本人をモチーフにしたキャラクターで登場(その前に村雨兄弟の弟分としても出演)している。

ドモンの一人称は主に「俺」であるが、44話のみドモンが「僕には出来ない!」と言う。もともとこの台詞も「俺には出来ない」だったが、本人の要望で「僕」に変わったと語っている。

ドモン役での熱演は関の名を世に知らしめるターニングポイントともなったが、その一方で絶叫演技の連続で喉を潰してしまい、現在では低い声のキャラクターを演じる機会が減った。田中公平30周年コンサートに置いて秋元洋介と生BGMによる『東方不敗、暁に死す』の生アフレコをした後に「もうドモン声がでないのではとWikipediaで書かれていた」とトークで話している。

これに関連して、ガンダムシリーズのキャラクターはテレビシリーズ終了後も『スーパーロボット大戦シリーズ』や『SDガンダム GGENERATIONシリーズ』などのゲームで再演のオファーがかかる機会が多く、最近では株式会社コスパのネットCMにもドモン役で出演している。しかし時間が経過していた事もあり、最初は当時の感覚を取り戻すのに苦労したと言う。『Another Century's Episode 2』収録の際には実際に自分が思っていたトーンよりも声が低かった事等をスタッフに指摘され、当時の自分のものまねをする様な感覚も伴いつつ、最終的には当時のドモンの感覚を取り戻し演じ切った[2]。ゴッドつながりで『スーパーロボット大戦Z』で『宇宙大帝ゴッドシグマ』の壇闘志也を演じているが、Gガンダムの時の乗りで演じてしまうことが多く、苦労したとのこと。

現在に至るまで『Gガンダム』のパロディを演じさせられる機会が多い。『ケロロ軍曹』のアニメにて、影の架かったシャイニングガンダム(前述のドモンの乗機)が登場し、必殺技・シャイニングフィンガーを発動するシーンがあるが、このシーンでは、関本人がゲスト出演して技名を叫んでいる。

その他 編集

過去にテレビ番組のインタビューで語った所では、好きなモビルスーツは初代グフ。好きなキャラクターはブライト・ノア。ガンダムばかりに留まらず『機動戦士ガンダムSEED』の続編に当たる『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ではザクグフにも「搭乗」した。また、『Gガンダム』の主役機2機の武装と酷似した武装を持つデスティニーガンダムに対して、「他人の機体な感じがしない」という発言をしている。

ガンダムシリーズではドモンの他に『機動戦士Vガンダム』でトマーシュ・マサリク、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズのイザーク・ジュールを演じる。トマーシュのガンブラスター、ドモンのシャイニングガンダムゴッドガンダム、そしてイザークのデュエルガンダムと、主役や準主役級の派手な役が続いた事もあり、模型雑誌の連載でも関は「四機のガンダムを乗り継いだ男」と自負していたことがある。(だがガンブラスターはガンダムではない)しかし、その記録は後に破られている。

機動戦士ガンダム ガンダムvs.ガンダム NEXT PLUS』をプレイする際、味方の組み合わせをドモン・カッシュイザーク・ジュールにして戦闘を開始すると、戦闘開始時と終了時に特別なセリフが再生される。

なお、「子供の頃はダイナミックプロ系のアニメばかり見ていてガンダムに全く思い入れがなかった」と語っており、思い入れを入れるようになったのは『Vガンダム』に出演してからだという。また、逆に子供の頃からスーパーロボットに親しんでいたため、『Vガンダム』よりも『Gガンダム』の方が違和感なく演じられたという[3]

ドラえもん関連 編集

元々スネ夫が好きだった関だが、リニューアル版『ドラえもん』のオーディションは、当初スネ夫役ではなくドラえもん役で参加オファーが届いていた。関自身も「さすがにドラえもん役は無理だろう」と思いつつオーディションに臨むが、そちらは落選。だが、後日開かれたスネ夫役のオーディションに参加し、スネ夫役を獲得した。またスネ夫以外にも次回予告やスペシャル等におけるナレーションも担当している。

関はリニューアル版以前にも、映画のキャラクターや映画『おばあちゃんの思い出』にてスネ夫の幼少時代役を演じた経験があり、今回の抜擢にあたっては、スネ夫役向けに新しい声を開発し、関が演じた既存のキャラと被らない演技を見せている。

新スネ夫役に決まった直後のイベントで、大勢の女性ファンの声援を受けている関を見た一部のマスコミから「声優界のヨン様」とあだ名をつけられたこともある。

なお、一部報道では先代の肝付兼太との不仲説が報じられたが、肝付本人は『TVブロス』誌での同じく先代ジャイアン役のたてかべ和也との対談記事で、それを明確に否定する趣旨の発言をしている。そもそも、肝付はキャスト交代以前から『超力戦隊オーレンジャー』や『燃えろ!!ロボコン』などで共演しているほか、関がパーソナリティを務める『智一・美樹のラジオビッグバン』の公開放送でゲストに招かれるほどの親しい関係である(関とも縁の深い山口勝平の所属劇団も主宰している)。

のだめカンタービレ関連編集

漫画を原作としてアニメ化された「のだめカンタービレ」では天才指揮者・千秋真一を演じている。

アニメ化以前にドラマ化もされており知名度の高い作品であったため、オーディションで関が千秋真一役に決まったと周りに告げたところ関のそれまでのイメージと違ったため少し冷たい反応をされたという。そのため、アフレコでは千秋像を探りながらびくびくしながら演じたという。

また、千秋の役どころが二枚目でさらに天才指揮者であることから、フランス語で話すシーン・指揮をするシーン・鼻歌を歌うシーンなど多くのことに気を使ったという。そのためフランス語の指導を受けたこと、自宅の鏡の前で鉛筆を持って指揮の練習を実際にしてみたという。

また、関が普段のようにアドリブを入れたら「千秋は君と違って二枚目だから…」と怒られてしまったというエピソードも語っている。

アフレコ現場でのエピソードとしては野田恵役の声優・川澄綾子が音楽大学出身であることから作品の中とは反対に、アフレコ現場では千秋がのだめに音楽を教えてもらう逆転現象が起こっていた。

さらにアフレコ現場ではのだめ役の川澄に気を使わないで演技ができるようになっていきだんだん息が合っていったということも語っている。

「のだめカンタービレ」は2007年~2010年にかけて三回アニメ化されており、千秋の成長を通して演じていることから関自身が声優になるまでの過程とプロになってからの自分を重ね合わせながら演じたという。

出演作品 編集

太字は主役・主要キャラクター

テレビアニメ 編集

1991年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

ゲーム 編集

吹き替え 編集

特撮 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ 編集

ドラマCD 編集

朗読CD 編集

  • 戦国武将物語〜大名編その弐〜(朗読 - 第五話「長宗我部元親物語」)
  • 戦国武将物語外伝〜14の大名物語〜(朗読 - 長宗我部元親物語外伝「ありがたき饅頭をいかにせん」)
  • でぃあーず「にほんのむかしばなし」〜青の色〜(朗読 - 第三話『猿地蔵』)
  • でぃあーず「にほんのむかしばなし」〜夢の色〜(朗読 - 第五話『丘の上のお地蔵様』)
  • DEARS 誕生石物語〜青の季節〜(秋の妖精『ロードナイト』)
  • DEARS 誕生石物語〜ラッキーストーン占い〜(秋の妖精『ロードナイト』)

CM 編集

テレビドラマ 編集

その他 編集

作品 編集

CD 編集

  • 仮面ライダー威吹鬼 写真集付きCD 「風雅勇伝」(2005年9月14日)
  • セキトモ・TVリスペクトACT1 関智一の勝手に祝うライダー35周年!(2006年12月22日)
  • mini Album「That's WATANABEFLOWER SHOW Special!!」(2008年8月27日) - ワタナベフラワー with Project W(朴璐美、関智一、松風雅也、鈴村健一、櫻井孝宏、宮野真守)
  • サルタヒコ (ポアロ) - ジャケットデザインを担当。
  • USO800 (ポアロ) - ジャケットデザインに加え、「君が告白したのもレッスンの延長なのかい?」では曲中のセリフ、「READY GO」ではゲストボーカルを担当。
  • 新・百歌声爛―男性声優編―

本人名義アルバム 編集

  • Naked Mind(2000年2月16日)
  • 遊心 〜 Mind Player 〜(2002年7月31日)
  • 間心 〜 MA mind〜[MINI ALBUM](2003年4月30日)
  • LOVARIOUS(2008年12月19日)

漫画原作 編集

パチンコ・パチスロ 編集

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。