Fandom


飛田 展男(とびた のぶお、1959年11月6日 - )は、日本男性声優舞台俳優アーツビジョン所属。茨城県水戸市出身。水戸市立三の丸小学校、茨城中学校茨城高校駒澤大学文学部歴史学科(中退)。

身長165cm、体重55kg。血液型AB型。星座はさそり座。愛称は飛ちゃん。

人物紹介 編集

経歴 編集

劇団NLT付属俳優教室の出身。『仮面ライダー』で有名になった藤岡弘、佐々木剛らは、同養成所出身の先輩にあたる。1982年、『サイボットロボッチ』のボブ役で声優デビュー。その後『キャプテン翼』(1983年)の若島津健が最初のレギュラー役出演。その後1985年『機動戦士Ζガンダム』に主演し注目を浴びる。それ以来、外国映画 ・TVドラマ吹替え、アニメ、ドラマCD、ゲーム等の各分野で幅広く活動している。また、舞台俳優としても活躍している。

『Ζガンダム』以降、メインキャラクターとして起用されることは多いものの、主役としての出演は少ない。2010年、『ザ・ペンギンズ from マダガスカル』の隊長役で久々に主役を演じている。

特色 編集

心優しい性格な役からシニカルな役、クールな役、冷徹な敵役・悪役やコメディな三枚目役、熱血漢役やシリアスな役も少なからず演じるが、少年役から中年役まで声質・演技・役柄を様々に使い分ける。特に優しさと内面に狂気を隠した二面性のあるキャラクターや謎の多い二枚目役を演じることが比較的多い。

テンプレート:要出典範囲

人物像 編集

テンプレート:出典の明記

「ガンダムシリーズ」関連 編集

TV版『機動戦士Ζガンダム』(1985年)において、主役のカミーユ・ビダンに抜擢される。ただし、大人気作の続編ゆえに要求されるハードルは高く、ハードなものだったと振り返ってコメントしている。総監督の富野由悠季は当時を振り返って、「カミーユの役者は、使えないと思った」というコメントを述べたこともあったほか、彼から『Ζガンダム』出演者に対し、「キャラクターの生死は、演じるあなたたちのオーラにかかっています」といった趣旨の言葉を言われた際には、「誰が死ぬもんか」と思って一年間必死でカミーユを演じたという(『ガンダムエース』)。カミーユ役に決定された理由は、ファーストガンダムのファンであった飛田が、オーディションで「ガンダムはせっかくいい終わり方をしたのに、なぜ続編を作るのか?」と言ったことで決まったようなものだったとされる。[1]逆にライバル役のジェリド・メサを演じた井上和彦は、カミーユ役のオーディションにおいてやる気満々で演じていたという。

2005年に公開された劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』のカミーユ役について飛田は「一般に混じったオーディションへの参加によって再度獲得した」と公言している。そのオーディションの様子は、富野より「TVシリーズのカミーユだと思って安穏として演じたらとんでもないことになるぞ」などと釘を刺されるなど、非常に緊張感の漂うものだったという。富野も当初は飛田を落とす前提でオーディションに呼んだと語っている。ただし、これは富野がTV版から約20年の時間を経た飛田の演技を再確認し、改定された作品のテーマにそれが見合うか、そして覚悟を量るためのものだったといわれており、富野もその実力を認めてのことである。

また、『Ζ』、『ΖΖ』以外のガンダムシリーズ作品にも、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』のカリウス、『機動武闘伝Gガンダム』のウルベ・イシカワを演じている。『機動戦士Vガンダム』や『機動新世紀ガンダムX』ではゲスト出演した他、ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望』のフランシス・バックマイヤーや『機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ』のロンド・ギナ・サハクにも出演している。

その他 編集

出演作品関係
最初のレギュラー出演となった『キャプテン翼』においては、当時原作の中学生編を読んでおり「翼は中学生」と思いこみ、翼役でオーディションを受けたという経緯がある。
交友関係・愛称
同じ事務所に在籍しており、劇団RELAX主宰である戸部公爾とは茨城高校時代からの友人。同じく声優の矢尾一樹田中秀幸からは、「飛ちゃん」と呼ばれている。鈴置洋孝からも同様に呼ばれていた。子供の頃のあだ名は「とんび」。顔が徳仁親王に似ていることから、「業界の皇太子」「業界の殿下」とも呼ばれているという。
趣味
趣味は映画、音楽鑑賞。好物は林檎、ビターチョコ。酒はあまり飲まない。また煙草も吸っていない。猫を飼っている。自動車免許を持っていない。本人は、世界平和のために車はやめておこうとブレーキが掛かると述べている。先輩声優の古谷徹は「飛田君はモビルスーツオタク」と述べているが、本人は否定している。お気に入りのモビルスーツはアッシマーだと語っている。
家族
一人っ子である。声優になる前は、学校の教師になりたかったが、教師にならず声優になってしまったことが親に発覚して怒られたことがあったという。

出演作品 編集

太字は主役・メインキャラクターまたは作品上における重要キャラクター

テレビアニメ 編集

出演年不明

  • ドラえもん(なるほどロボット、山田さん)
  • BARRY PARTY(カーツ将軍、チャンパ大臣、ウソ発見器、ナレーション)

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA 編集

劇場版アニメ 編集

出演年不明

1984年

1985年

1986年

  • キャプテン翼 明日に向って走れ!(若島津健)
    • キャプテン翼 世界大決戦!! Jr.ワールドカップ (若島津健)

1989年

1990年

1992年

1994年

1995年

1996年

1998年

1999年

2001年

2002年

2004年

2005年

  • 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-(カミーユ・ビダン
  • 機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-(カミーユ・ビダン)

2006年

  • 機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-(カミーユ・ビダン)

2007年

2008年

2010年

ゲーム 編集

未整理

1988年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

吹き替え 編集

ジェット・リー作品
テッド・ライミ作品

外国製アニメ 編集

CD 編集

ドラマCD 編集

BLCD 編集

  • 俺の下であがけシリーズ(山口幸雄)
  • 美しいこと(部長)
  • かげろうの森(木崎柾之)
  • 可愛いひと(慎一)
  • 獣〜ケダモノ〜綺月陣(庄野)
  • 恋する瞳はスキャンダル(エドワルド)
  • この世異聞(南浦啓一郎)
  • 少年のフェロモン(木原の父)
  • スウィートルームに愛の蜜(太田)
  • STEAL YOUR LOVE(マネージャー)
  • 束縛トラップ(支倉奈津生)
  • 誰にも愛されない(大田原)
  • NOW HERE(仁賀奈正敏)
  • バイトは家政婦(鳥羽祥司)
  • ビューティー&ゴースト(柿本)
  • 華と龍(響)
  • 香港貴族に愛されて(執事)
  • 梨園の貴公子(常磐紫川)

特撮 編集

CMナレーション 編集

その他 編集

脚注 編集

  1. ガンダムビッグバン宣言でのトークショーより。

関連項目・人物 編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。