Fandom


(1 版)
(ロボットによる: 追加 {{Wikipedia|{{subst:PAGENAME}}}})
 
49行: 49行:
   
 
{{DEFAULTSORT:まさあ12}}
 
{{DEFAULTSORT:まさあ12}}
  +
[[en:Mother 1 + 2]]
  +
[[simple:Mother 1 + 2]]
  +
{{Wikipedia|MOTHER1+2}}
  +
 
[[Category:ゲームボーイアドバンス用ソフト|まさあ12]]
 
[[Category:ゲームボーイアドバンス用ソフト|まさあ12]]
 
[[Category:2003年のコンピュータゲーム|まさあ12]]
 
[[Category:2003年のコンピュータゲーム|まさあ12]]
 
[[Category:MOTHERシリーズ]]
 
[[Category:MOTHERシリーズ]]
 
[[en:Mother 1 + 2]]
 
[[simple:Mother 1 + 2]]
 

2008年7月4日 (金) 17:56に更新

+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "MOTHER1+2colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}- colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


MOTHER1+2』(マザーワンツー)は、任天堂ゲームソフト

概要 編集

2003年6月20日日本においてゲームボーイアドバンス用ソフトとして発売された。販売元は任天堂。予約特典として、2作目のキャラクター「どせいさん」が付いた特製ストラップ(非売品)が付属された。本来は予約用特典だったが、一時期、Amazon.co.jpでストラップ付き『MOTHER1+2』が販売された。キャッチコピーは「おとなもこどもも、おねーさんも、ふたたび!」(このキャッチコピーはMOTHER2のキャッチコピー「おとなもこどももおねーさんも。」をもじった形である)。これは糸井重里自身が担当した。

タイトル通りMOTHERシリーズの第1作『MOTHER』と第2作『MOTHER2 ギーグの逆襲』を収録しているが、どちらも日本国内版をそのまま移植したものではなく、日本国外版を日本語訳して移植したものであるが、任天堂は本作が日本国外版の移植であるとは認めていない。また、具体的な開発元も公開されていない。

ゲーム内の世界やキャラクター、ゲームシステムについてはMOTHERおよびMOTHER2の各項目を参照。

仕様変更 編集

機種依存・その他の変更編集

  • スリープ機能の追加
  • 画質・解像度・音色・音質の変化および劣化

MOTHER編集

オリジナルから多数の変更があるが、イベント・グラフィック・アイテム等に関連した変更は、国外版仕様と同一のものが多い。

  • 戦闘シーンのSEの逆転(敵のSE「ブービー」と味方のSE「ピコッ」)
  • エンカウントバランスの変化
  • イベント・エンディングの追加、演出の変更
  • 新アイテムや店の追加
  • ダッシュ機能・便利ボタン機能の追加
  • 歩幅の変更
  • CERO審査に伴い、喫煙・出血等に関連した敵グラフィックの差し替え
  • CERO審査に伴い、飲酒、ストリップ劇場他の台詞やテキストの変更
  • 時事的な台詞の変更
  • 宗教に関連したグラフィックの差し替え(十字架を模した墓など)

MOTHER2編集

  • 一部台詞やテキストの変更
  • バグと思われる裏技等の修正
  • BGMのモノラル化(機種依存、ゲップーの秘密基地内BGMのみステレオ(ただしSFC版とは全く違う鳴り方))

外部リンク編集

テンプレート:Navbox genericsimple:Mother 1 + 2

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はMOTHER1+2にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。