Fandom


colspan="2" class="summary nowrap" style="font-size: 120%; background: #ccf; "-- colspan="2" style="background: #ccf; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #ccf; "

{{{header40}}}-


PCSX2は、Microsoft WindowsLinuxで動作する、オープンソースのPlayStation 2(以下PS2)エミュレータ

概要 編集

2003年に開発が開始された。 プラグインタイプのエミュレータであり、グラフィックやサウンド、コントローラ等の各機能をそれぞれのプラグインがエミュレーションする。

Version 0.9より前のバージョンは動作が低速で、最も早く動作するソフトウェアでも2~15FPS程度しか出ず、非実用的だった。 しかし2006年4月に発表されたVersion 0.9以降、パフォーマンスが大幅に向上し、大半の2Dゲームにおいては実機での動作と大差のない体感速度になった。

Version 0.9よりデュアルコアCPUAthlon 64 X2Core 2 Duoなど)をサポートし、マルチスレッド化による最適化がなされている。

Version 1.0からはさらに互換性が向上し3Dゲームの動作も実機と大差なくできるタイトルが増えてきている。

問題点 編集

プラグインの改良、ハードウェアの能力向上により、動作は軽くなってはいるが、依然要求スペックは高い。2Dゲームでは、3GHz前後のデュアルコアCPUがあれば、オンボードVGAで動作するものもあるが、3Dゲームでは、3GHz以上のデュアルコアCPUに、現在テンプレート:いつ主流になっているVGAの1,2世代前のハイエンドモデル以上のスペックが必要である。(有志が作成したプラグインを使用することで高速化できるものもある。)

正規PS2ディスクのみならず、ディスクイメージ等の形で違法に流通するソフトウェアも動作してしまう。

BIOSをPS2の実機から入手する仕様となっているため、PS2の実機を用意し、BIOSをPCに抜き出す必要がある。

PCSX2 Playground 編集

過去、公式のPCSX2とは別に、有志がPCSX2 Playgroundというプロジェクトを立ち上げ、主にリコンパイラの精度の改善、特定のゲーム向けの修正、プラグインの改良などを行っていた。2008年12月にPCSX2の公式ウェブサイトでプロジェクトが紹介され、同時に初のパブリックリリースを行った。

2009年9月時点で、公式のPCSX2にプロジェクトが統合された。

外部リンク 編集

テンプレート:Commonscat

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。