Fandom


PROJECT IM@S(プロジェクト・アイマス)とは、バンダイナムコゲームス(旧:ナムコ)のアーケードゲーム『THE IDOLM@STER』から派生したマルチメディア展開(メディアミックス)プロジェクトの総称である。

概要 編集

アーケードゲームとして稼働を開始したTHE IDOLM@STERが、Xbox 360への移植とモデルチェンジの上でアニメ化されることが決定したのを機に、アイドルマスターのコンテンツを最大限に使用することを目的として2006年9月に起ち上げられた、多方面に及ぶメディア展開プロジェクトのこと。PROJECT IM@SのIM@Sはゲーム自体の略称だけでなくInter Media Artists and Specialistsの略称とされており、ロゴにもそれが明記されている。[1]

その後、Xbox 360版のみならず、関連CDやアニメ(アイドルマスター XENOGLOSSIA)、コミカライズ等といったすべてのマルチメディアへと展開するこの企画はPROJECT IM@S上で動いており、それらの作品においてPROJECT IM@Sのロゴを見ることができる。

PROJECT IM@Sが発足する以前からあった企画についても、基本的にはPROJECT IM@Sに含まれるものとされているようで、発足後に当該企画から新たに出たものについては、PROJECT IM@Sのロゴが貼付されている(THE IDOLM@STER RADIO TOP×TOP!等)。ただし、必ずしも徹底しているわけではなく、発足後の発売にもかかわらず貼付されていないこともある(DJCD ラジオdeアイマSHOW!はPROJECT IM@S発足以降の発売だがロゴはついていない)。

2009年5月に新プロジェクト「PROJECT IM@S 2nd Vision」の始動が宣言されている[2]。以下の記述においてはそれまでの各作品に対する物を便宜上「1st Vision」としている。1st Visionはさらにゲーム『THE IDOLM@STER』を基幹とするものと、アニメ『アイドルマスター XENOGLOSSIA』を基幹とするものの2種類に大別できる。

1st Vision 編集

ゲームからの展開 編集

以下のゲーム作品を基幹として展開したものを下記に記述する。

ラジオ 編集

詳細は各番組の記事を参照。

地上波ラジオ 編集
THE IDOLM@STER RADIO (2006年4月9日 - 2009年7月26日)
パーソナリティ : たかはし智秋今井麻美
THE IDOLM@STER STATION!!! (2009年8月2日 - )
パーソナリティ : 今井麻美沼倉愛美原由実
インターネットラジオ 編集
ラジオdeアイマSHOW! (2006年4月27日 - 2007年10月25日)
パーソナリティ : 中村繪里子、今井麻美(以上全期通して)、落合祐里香(第1期)、仁後真耶子(第2期 - 第3期)
WEBラジ☆ショッピングマスター (2007年3月23日 - 2007年7月27日)
パーソナリティ : 天海春香(声:中村繪里子)、星井美希(声:長谷川明子)、双海亜美&双海真美(声:下田麻美
アイドルマスター Radio For You!(2007年11月15日 - 2008年9月24日)
パーソナリティ : 中村繪里子、今井麻美、仁後真耶子
アイドルマスター P.S.プロデューサー(2008年10月8日 - 2009年9月16日)
パーソナリティ : 中村繪里子、長谷川明子
ラジオdeアイマSTAR☆(2009年10月8日 - )
パーソナリティ : 中村繪里子、長谷川明子、仁後真耶子

CD 編集

CDは大きく分けるとゲーム中の楽曲を収録した音楽CD、ドラマCD、インターネットラジオ関連CD、その他に分類される。このうち、音楽CDは「MASTER」を頭に冠した複数のシリーズに分けられている。詳細については下記参照。「ファミソン8BIT☆アイドルマスターシリーズ」は5pb.から、それ以外の音楽CDはコロムビアミュージックエンタテインメントから、ドラマCDは全てフロンティアワークスから発売されている。

なお、2010年1月に、アイドルマスター関連CDの累計出荷枚数が100万枚を超えたと発表されている[3]

MASTERPIECEシリーズ 編集

テンプレート:Rellink

アーケード版の音源のフルバージョンなどを収録したシリーズ。01から05まで全5枚。

MASTERWORKシリーズ 編集

テンプレート:Rellink

Xbox 360版で初出された歌のフルバージョンと、アーケード版から存在する曲の別バージョンを収録したシリーズ。00から03まで、全4枚。00に関しては完全初回限定・PVのDVD付のため、現在では入手が困難になっている。

MASTERBOXシリーズ 編集

ゲームで使用された楽曲を全キャラクター分収録したもの。いずれも限定生産品のため、入手は困難。

MASTERBOX
2006年7月19日発売。CD3枚組。アーケード版に収録された全10曲を、アーケード版から登場している9人それぞれのソロバージョンとボーカルのないカラオケバージョンで収録(計100曲)。
生産数はナムコにちなんでか7650組と明記されており、外箱にシリアルナンバーが書かれている。オリコンチャート週間最高順位86位。
「1st ANNIVERSARY LIVE」の会場では会場限定の「060723バージョン」が765組限定で販売された。
MASTERBOX II
2007年4月4日発売。CD2枚とDVD1枚組。オリコンチャート週間最高順位20位。
CDにはXbox 360版での新曲6曲を新キャラクターである美希も含めた全10人それぞれのソロバージョンとカラオケ、そしてアーケード版からの10曲の美希ソロバージョンを収録(計76曲)。
DVDでは全16曲のダンスを春香・千早・美希の3人ユニットで収録。
MASTER BOX I&II ENCORE
2008年2月6日発売。MASTERBOXおよびMASTERBOX IIの計176曲(全16曲×10キャラクター+カラオケ)を集めたCD5枚組。
MASTERBOX III
2008年4月30日発売。『Live For You!』で使用可能な曲の内、Remix Aバージョンのソロバージョンとカラオケを各キャラクター分、計176曲収録。同梱のブックレットには、曲の歌詞以外に担当声優へのインタビューが収録されている。オリコンチャート週間最高順位39位。
MASTER BOX IV
2008年5月23日発表。同年9月24日発売。『Live For You!』で使用可能な曲の内、DLC配信されているRemix-Bバージョンのソロとカラオケを計176曲収録したCD5枚と、「Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY」のライブパートダイジェスト映像が収録されたDVDの6枚組。ブックレットの収録内容はアイドルマスター関連楽曲の作詞者・作曲者へのインタビュー。オリコンチャート週間最高順位46位。
「Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE」会場のみで販売されたバージョン違いのMASTER BOX IVはBOXのデザインが異なり、DVDが付属していない。
8月6日→8月27日→9月24日と、発売日が2度延期されている。
MASTER BOX V
2009年3月18日発売。DLC新曲として配信された「shiny smile」「Do-Dai」「my-song」「i」「ふるふるフューチャー☆」「神さまのBirthday」のソロとカラオケの計66曲を収録したCD2枚組。なお、「i」に関しては『MASTER ARTIST』に収録されたもののエディットバージョン。
MASTERBOX以来となるシリアルナンバー入りの限定生産。今回のブックレットは『MASTER ARTIST』以降ジャケットイラストを担当する杏仁豆腐によるイラストの解説となっているが、曲順の記載ミスがあることと良品への交換を行うことが発売前に発表されている。
MASTER BOX catalog 08,09,11 COMPLETE
「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!!」会場限定商品。
「shiny smile」「Do-Dai」「my song」「i」のRemix A/Bの両バージョンのソロとカラオケを11人分、全88曲収録したCD4枚組。店頭販売はされない。
MASTER BOX VI
2010年3月31日発売。7650組の限定発売。『THE IDOLM@STER SP』で使用された「I Want」「キラメキラリ」「迷走MIND」「目が逢う瞬間」「スタ→トスタ→」「隣に…」「フタリの記憶」「Kosmos,Cosmos」「いっぱいいっぱい」の9曲を、765プロメンバーに美希、響、貴音の961プロメンバーを含めた12人のソロ+カラオケで、全117曲収録。CD3枚組。
MASTER ARTISTシリーズ 編集

各アイドルの持ち歌・新録曲に加え実在アーティストのカバーを収録したシリーズ。01から10とFINALE(フィナーレ)の全11枚。

ゲームのサウンドトラックCDではなく、キャラクター(アーティスト)ごとの企画アルバムとしてリリース。全員共通の新曲『i』(同一曲を各キャラクターがソロで歌ったものを収録)、各キャラクターごとの新曲(全11曲)、カバー曲(美希と小鳥を除く9人については後述のアルバム『Your Song』収録曲の他に新たに各キャラ1曲ずつ、美希は2曲分公募が行われた。なお小鳥は『Your Song』収録曲のみ)、過去のシリーズに収録された曲のソロリミックスを3曲(内1曲はMASTERWORKもしくは『歌姫楽園』[4]に収録されたものと同じ自キャラの持ち歌)、録り下ろしトーク複数などを収録。また、録り下ろしトークには、同時発売されている別CDの登場人物も参加している。最後のトークについては各アイドルの口癖(自分自身のものを含む)を真似するという内容になっている。

01 - 10の10枚購入特典として高木社長のフィギュア(メディコム・トイキューブリック)がプレゼントされるようになっていた。 先着および予約特典としてポストカード(10枚でFINALEで配布されたポストカードと同じ一枚絵になる。萩原雪歩とFINALEの裏面記載のCD発売日が以前のままになっている)、また10枚を同一店舗で購入すると全11枚の収納BOX(アニメイト)やテレホンカード(とらのあな)がプレゼントされた。ちなみに、『FINALE』以外の帯の背面を番号順に並べると社長のシルエットが現れるほか、吹き出しの中の文字の内、色の違う字を並べ替えると『THE IDOLM@STER』になるという仕掛けがある。

以下のアルバム別説明では、共通曲『i』と、過去のアルバムに収録されている曲については記述していない。

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 01 天海春香
2007年7月18日発売。個別新曲は『I Want』、追加カバー曲は斉藤由貴の『悲しみよこんにちは』、ソロリミックス曲は『GO MY WAY!! (M@STER VERSION)』と『神さまのBirthday』。オリコンチャート週間最高順位21位。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 02 高槻やよい
2007年7月18日発売。個別新曲は『キラメキラリ』、追加カバー曲は木村カエラの『リルラ リルハ』、ソロリミックス曲は『GO MY WAY!! (M@STER VERSION)』と『私はアイドル♡ (M@STER VERSION)』。オリコンチャート週間最高順位19位。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 03 星井美希
2007年8月1日発売。個別新曲は『ふるふるフューチャー☆』、カバー曲はCHICKSの『すいみん不足』とBON-BON BLANCOの『涙のハリケーン』、ソロリミックス曲は『relations (M@STER VERSION)』、『私はアイドル♡』(ブックレットでの表記はM@STER VERSIONとなっているが、実際はMASTERWORK 00で使用されたバージョン)と『神さまのBirthday』。オリコンチャート週間最高順位22位。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 04 菊地 真
2007年8月1日発売。個別新曲は『迷走Mind』、追加カバー曲はYEN TOWN BANDの『Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜』、ソロリミックス曲は『まっすぐ (M@STER VERSION)』と『思い出をありがとう (M@STER VERSION)』。オリコンチャート週間最高順位21位。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 05 如月千早
2007年8月22日発売。個別新曲は『目が逢う瞬間(とき)』。追加カバー曲は谷山浩子の『まっくら森の歌』、ソロリミックス曲は『神さまのBirthday』と『relations (M@STER VERSION)』。オリコンチャート週間最高順位22位。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 06 双海亜美/真美
2007年8月22日発売。個別新曲は『スタ→トスタ→』、追加カバー曲はSMAPの『笑顔のゲンキ』、ソロリミックス曲は『私はアイドル♡ (M@STER VERSION)』と『My Best Friend (M@STER VERSION)』。オリコンチャート週間最高順位26位。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 07 三浦あずさ
2007年9月5日発売。個別新曲は『隣に・・・』、追加カバー曲はアンジェラ・アキの『Kiss Me Good-Bye』、ソロリミックス曲は『まっすぐ (M@STER VERSION)』、『思い出をありがとう (M@STER VERSION)』。オリコンチャート週間最高順位24位。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 08 水瀬伊織
2007年9月5日発売。個別新曲は『フタリの記憶』、追加カバー曲は奥華子の『ガーネット』、ソロリミックス曲は『私はアイドル♡ (M@STER VERSION)』、『GO MY WAY!! (M@STER VERSION)』。オリコンチャート週間最高順位27位。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 09 萩原雪歩
2007年10月3日発売[5]。個別新曲は『Kosmos, Cosmos』、追加カバー曲は加藤いづみの『好きになって、よかった』、ソロリミックス曲は『My Best Friend (M@STER VERSION)』、『まっすぐ (M@STER VERSION)』。オリコンチャート週間最高順位17位。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 10 秋月律子
2007年9月19日発売[5]。個別新曲は『いっぱいいっぱい』、追加カバー曲は樋口了一の『1/6の夢旅人2002』。ただし、クレジットとトラック名では「1/6の夢旅人2002」(1997年発表のオリジナルバージョンとは別の曲にほぼ同じ詞を乗せたもの)となっているが、実際は2005年発売の『1/6の夢旅人/二度目のありがとう』収録バージョン(オリジナルバージョンと同じ曲の再編曲)のカバー。ソロリミックス曲は『My Best Friend (M@STER VERSION)』、『思い出をありがとう (M@STER VERSION)』。
同時発売の予定だった 09 萩原雪歩の発売が延期になり、両方予約した人の分が2週後にずれたため、オリコンチャートには長期間ランキングされたが、初動を反映する週間最高順位は34位となった。
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST FINALE(フィナーレ) 765プロ ALLSTARS
2007年10月24日発売。タイトルに個人名は出ていないが、実質、音無小鳥のソロCD。高木社長と天海春香がゲストで登場するほか、765プロ所属アイドル全員参加の楽曲を収録する。音無小鳥の個別新曲は『空』、音無小鳥に加えて高木社長とダンス審査員の軽口哲也が登場する「音無小鳥 featuring T」による新曲『ID:[OL]』、765プロ所属アイドル全員による『団結』(ビューティフル塊魂使用曲)が収録され、最終トラックには社長訓示が収録される。尚、このCDに関しては音無小鳥のソロ版である『i 音無小鳥アイマス・カバーVer.』と、音無小鳥と765プロ所属アイドル全員による『i IM@S ALLSTARS+ リミックス』の2つの『i』が収録される。オリコンチャート週間最高順位21位。
MASTER LIVEシリーズ 編集

テンプレート:Rellink

アイドルマスター ライブフォーユー!』で初出された歌のフルバージョンと、REM@STERと称する過去に発表された曲のバージョン違い、及び各CD用の新曲を収録したシリーズ。00から04、及びENCOREの全6枚が発売された。00は完全初回限定生産であり、アイドルマスター ライブフォーユー!先行プロモーション映像のDVDが付属した。

MASTER SPECIALシリーズ 編集

テンプレート:Rellink

THE IDOLM@STER SPの発売に合わせて2009年2月4日よりリリースされたCDアルバムのシリーズ。2008年12月10日に発売されたマキシシングル2枚もこのシリーズに入っている。

ファミソン8BIT☆アイドルマスターシリーズ 編集

2008年1月に発表。懐かしのナムコの曲をアイドルマスターのアイドル達が歌う、というコンセプトのシリーズ[6]。オールドゲームのBGMのリミックスにアイドルマスターの歌を乗せた曲の他、ゲームBGMベースの新曲も収録されている。

ファミソン8BIT☆アイドルマスター01 高槻やよい/双海亜美・真美
2008年3月25日発売。「ワンダーモモ」「ドルアーガの塔」「マッピー」の曲ベースのリミックス版「GO MY WAY!!」「おはよう!!朝ご飯」「ポジティブ!」、オリジナルリミックスの「エージェント夜を往く」、「パックマン」のリミックス新曲「Labyrinth」(やよい)、「リブルラブル」のリミックス新曲「L<>R」(亜美真美)を収録。オリコンチャート週間最高順位36位。
ファミソン8BIT☆アイドルマスター02 天海春香/星井美希
2008年4月5日発売。「ワルキューレの伝説」「オーダイン」「ギャプラス」リミックスの「私はアイドル」「太陽のジェラシー」「relations」、オリジナルリミックスの「THE IDOLM@STER」、「メトロクロス」のリミックス新曲「強い女」(春香)、「F/A」のリミックス新曲「Shooting!!!」(美希)を収録。オリコンチャート週間最高順位26位。
ファミソン8BIT☆アイドルマスター03 三浦あずさ/秋月律子
2008年4月22日発売。「フェリオス」「妖怪道中記」「ドラゴンバスター」「スカイキッド」リミックスの「まっすぐ」「魔法をかけて!」「9:02pm」「ポジティブ!」、「バベルの塔」リミックスの新曲「Tower of Adventure」(律子)、「源平討魔伝」リミックスの新曲「禁恋歌」(あずさ)を収録。オリコンチャート週間最高順位44位。
ファミソン8BIT☆アイドルマスター04 菊地真/萩原雪歩
2008年5月27日発売。「イシターの復活」「ゼビウス」「ローリングサンダー」リミックスの「My Best Friend」「First Stage」「エージェント夜を往く」、オリジナルリミックスの「relations」、「ディグダグ」のリミックス新曲「EXCAVATE」(雪歩)、「ニューラリーX」リミックス新曲「ハリキリ★ラリー」(真)を収録。オリコンチャート週間最高順位42位。
ファミソン8BIT☆アイドルマスター05 如月千早/水瀬伊織
2008年6月25日発売。「トイポップ」「ディグダグII」「ドラゴンスピリット」リミックスの「思い出をありがとう」「Here we go!!」「蒼い鳥」、オリジナルリミックスの「GO MY WAY!!」、「マッピー」リミックス新曲「乙女心盗んで!」(伊織)、「ドラゴンスピリット」リミックス新曲「Fly High!」(千早)を収録。オリコンチャート週間最高順位54位。
ドラマCD 編集

フロンティアワークスからドラマCDがScene.01から06まで全6枚発売された。全巻初回版にはボーナストラックあり。EXTRA STAGEシリーズは初回版にリライタブルカード封入。また、2006年12月より家庭版の新キャラである星井美希を加えたNEW STAGEシリーズが01から03まで全3枚発売された。2008年12月からは、PSP版の新キャラ2人を迎え、ドラマCDシリーズ第3弾「Eternal Prism」が発売。全巻購入特典として、各巻用に書き下ろされたオリジナル新曲を収録したCDのプレゼントキャンペーンが行われた。

THE IDOLM@STER ドラマCD Scene.01
THE IDOLM@STER ドラマCD Scene.02
THE IDOLM@STER ドラマCD Scene.03
THE IDOLM@STER ドラマCD Scene.04
THE IDOLM@STER ドラマCD Scene.05 EXTRA STAGE 1
THE IDOLM@STER ドラマCD Scene.06 EXTRA STAGE 2

ドラマCD Scene.01 - 06についての詳細はTHE IDOLM@STER#ドラマCD等を参照。

THE IDOLM@STER DRAMA NEW STAGE 01
2006年12月22日発売。ゲストは豊口めぐみ
ここからNEW STAGEシリーズはON STAGE編、OFF SHOT編、EXTRA STAGE編の3編から構成される。
THE IDOLM@STER DRAMA NEW STAGE 02
2007年1月25日発売。EXTRA STAGE編は「DJCDラジオdeアイマSHOW! Vol.3」に別録。
THE IDOLM@STER DRAMA NEW STAGE 03
2007年2月25日発売。
ドラマCD アイドルマスター Eternal Prism 01
2008年12月25日発売。ゲストは久川綾。書き下ろし新曲は「ストレートラブ!」。
ドラマCD アイドルマスター Eternal Prism 02
2009年1月23日発売。書き下ろし新曲は「白い犬」「黒い犬」の2曲。また、黒井社長が初めて登場する。
ドラマCD アイドルマスター Eternal Prism 03
2009年2月25日発売。書き下ろし新曲は「Melted Snow」。
ラジオ関連 編集

それぞれの詳細についてはリンク先の項目を参照。

  • THE IDOLM@STER RADIO
    • THE IDOLM@STER RADIO 〜歌姫楽園〜
    • THE IDOLM@STER RADIO TOP×TOP!
    • THE IDOLM@STER RADIO スタジオコースト出蝶版!
    • THE IDOLM@STER RADIO VOCAL MASTER
    • THE IDOLM@STER RADIO COLORFUL MEMORIES
    • THE IDOLM@STER RADIO 歌道場
    • THE IDOLM@STER RADIO LONG TIME
  • ラジオdeアイマSHOW!
    • SHINING STAR★彡<コミックマーケット70限定版>
    • DJCD ラジオdeアイマSHOW! vol.1 - 5、SP、4.5
    • ラジオdeアイマSHOW! プレミアムCD
    • ラジオdeアイマSHOW! 出張版 〜コミックマーケット71であなたとEngage!〜
  • アイドルマスター Radio For You!
    • DJCD アイドルマスター Radio For You! Vol.0〜Vol.2
    • DJCD SP アイドルマスター Radio For You! 結納〜you-i know〜
    • DJCD EXTRA アイドルマスター Radio For You! KOTORIMIX
    • DJCD SP アイドルマスター Radio For You! Radio For 結〜you-i 〜
  • アイドルマスター P.S.プロデューサー
    • DJCD EXTRA アイドルマスター P.S.プロデューサー PR For You!
    • DJCD アイドルマスター P.S.プロデューサー Vol.1
    • DJCD アイドルマスター P.S.プロデューサー Vol.2
    • DJCD アイドルマスター P.S.プロデューサー Vol.3
  • THE IDOLM@STER STATION!!!
    • THE IDOLM@STER STATION!!! FIRST TRAVEL
    • THE IDOLM@STER STATION!!! SECOND TRAVEL 〜Seaside Date〜
  • ラジオdeアイマSTAR☆
    • DJCD ラジオdeアイマSTAR☆ SP01
その他 編集
THE IDOLM@STER Your Song
2007年1月18日発売。
ウェブ上で集められたプレイヤーからのリクエストで楽曲を構成するという企画CD。2枚組。限定発売のため、現在では入手困難となっている。
社長の誕生日プレゼントに歌を贈るという計画のため休日に765プロに集合したが、当の社長がやって来てしまったという設定。
各キャラクターが歌った曲は以下の通り。なおアーケード版時代の物であるため、美希は登場していない。()内は元歌のアーティスト。
  1. 天海春香/大スキ!広末涼子
  2. 高槻やよい/ふたりのもじぴったん古原奈々
  3. 菊地真/仮面舞踏会少年隊
  4. 三浦あずさ/You're My Only Shinin' Star中山美穂
  5. 萩原雪歩/津軽海峡・冬景色石川さゆり
  6. 双海亜美・真美/ラムのラブソング松谷祐子
  7. 水瀬伊織/ドゥー・ユー・リメンバー・ミー岡崎友紀
  8. 如月千早/鳥の詩 〜AIRのテーマ〜Lia
  9. 秋月律子/東京は夜の七時 ~the night is still young~(ピチカート・ファイヴ
  10. 音無小鳥/やさしさに包まれたなら荒井由実
なお、上記カバー曲は後日、先述のMASTER ARTISTシリーズにすべて収録された。
THE IDOLM@STER Christmas for you!
2007年12月19日発売。完全初回限定生産、限定BOXパッケージ仕様。765プロ所属アイドルによるクリスマスアルバム。参加は天海春香、如月千早、高槻やよい、菊地真、星井美希。オリコンチャート週間最高順位25位。
ジャケットイラストに描かれたクリスマス仕様の衣装は、『Live For You!』のエクステンド衣装「ホーリーナイトドレス」としてDLCで配信された。
クリスマスソングのカバーと、オリジナル新曲「メリー」、トークパートを収録。「メリー」のソロバージョン(天海春香、高槻やよい、如月千早、菊地真、星井美希の5バージョン。美希ソロバージョンのみ『MASTER SPECIAL 06』に収録)は、携帯サイトで12月22日・23日から25日の期間限定で、着うたフルとして配信された。2009年12月23日に行われた「THE IDOLM@STER 2009 H@ppy Christm@s P@rty!!」会場の物販で300枚だけ販売が行われた。
カバー曲は以下の通り。()内は元のアーティスト。
THE IDOLM@STER Vacation for you!
当初は2008年7月9日発売予定だったが、制作の都合で7月23日に延期された。初回限定生産で、限定BOXパッケージの仕様も同じ。765プロ所属アイドルによるサマーアルバム。オリコンチャート週間最高順位10位。ちなみに仮題は「Summer for you!」だった。
パッケージイラストおよび参加メンバーは「Christmas for you!」と対になる構成になっており、メンバーは「Christmas for You!」に参加しなかった双海亜美・真美、三浦あずさ、水瀬伊織、萩原雪歩、秋月律子。
「Christmas for you!」同様に、夏を題材とした曲のカバーに加え、トークパートとオリジナル新曲「サニー」を収録する。「メリー」同様、「サニー」のソロバージョン(双海亜美・真美、三浦あずさ、水瀬伊織、萩原雪歩、秋月律子の5バージョン。亜美真美のソロバージョンのみ『MASTER SPECIAL 02』に収録)も携帯サイトで7月28日から1ヶ月間限定で着うたフルとして配信された。
カバー曲と元歌のアーティストは以下の通り。
THE IDOLM@STER BEST ALBUM 〜MASTER OF MASTER〜
2008年9月19日発表、同年11月19日発売。これまでに発表されたアイマス関連の楽曲を、CDに既に収録された音源・新録版・リミックス版で収録。ベスト・アルバムであるにも関わらず新録部分が多いのはTHE IDOLM@STER関係者全員が「今できるベストを尽くした」ベスト盤であるため[7]。CD2枚組。オリコンチャート週間最高順位19位。なお、本作品は発売元が発売日に在庫切れを起こしている[8]
THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL WINTER
2009年12月16日発売。完全初回限定生産、限定BOXパッケージ仕様。765プロ所属アイドルによるクリスマスアルバム第2弾。参加は三浦あずさ、四条貴音、如月千早、星井美希、高槻やよい、双海亜美・真美。
Christmas for you!と同様に、クリスマスソングのカバーと、オリジナル新曲「Large Size Party」「あったかな雪」、THE IDOLM@STER SPのDLC曲「キミはメロディ」、トークパートを収録。「キミはメロディ」のソロバージョン(三浦あずさ、四条貴音、如月千早、星井美希、高槻やよい、双海亜美・真美の6バージョン)は、携帯サイトで12月16日から25日の期間限定で着うたフルとして配信された。
カバー曲は以下の通り。()内は元のアーティスト。
THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL SPRING
2010年3月17日発売。完全初回限定生産、限定BOXパッケージ仕様。765プロ所属アイドルによる春のアルバム。参加は天海春香、秋月律子、我那覇響、萩原雪歩、菊地真、水瀬伊織。オリジナル新曲「チェリー」「笑って!」(春香ソロ新曲)、THE IDOLM@STER SPのDLC曲「またね」、トークパートを収録。
「またね」ソロバージョン(天海春香、秋月律子、我那覇響、萩原雪歩、菊地真、水瀬伊織の6バージョン)は携帯サイトで3月17日から4月30日まで期間限定で着うたフルとして配信されている。
カバー曲は以下の通り。()内は元のアーティスト。
アイドルマスター ボーカルコレクション
フロンティアワークスから発売。WEBラジオで発表された曲、ドラマCD「Eternal Prism」で書き下ろされた曲を収録したアルバム。第1弾は2010年2月24日、第2弾は2010年4月21日にそれぞれ発売。

DVD/Blu-Ray 編集

THE IDOLM@STER Lovable Days
2006年3月10日発売のDVD。アーケード版のエンディング映像などを収録。
THE IDOLM@STER MASTER MOVIE
2006年9月27日発売のDVD。2006年7月23日に行われたイベント「THE IDOLM@STER 1st ANNIVERSARY LIVE」の模様を収録。
THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!!
2009年9月26日発売のDVD/ブルーレイディスク。2009年5月に行われたイベント「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!!」の模様を収録。
THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !! DVD/Blu-ray BOX
2011年3月発売予定のDVD/ブルーレイディスク。2010年7月に行われたイベント「THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!」の模様を収録する予定。なお、2010年10月21日頃、一部の通販サイトで発売中止と告知されていたが[9]、日本コロムビアから翌日に発売延期が発表された。

765所属アイドルバースデーシリーズ 編集

公式サイトにおいて、アイドル候補生達の誕生日記念グッズとして期間限定で受付が行われたアイテム。

765所属アイドルバースデーシリーズ vol.1 萩原雪歩
ポストカード3点セット。2005年12月24日 - 2006年1月1日の限定発売。
765所属アイドルバースデーシリーズ vol.2 如月千早
カバーソング・マキシシングルCD「Gratitude 〜グラッティテュード・感謝〜」。如月千早のカバー3曲+音無小鳥とのドラマCD。収録曲は杏里の『オリビアを聴きながら』、笠原弘子の『空へ…』、平原綾香の『Jupiter』の3曲。当初は765枚限定発売とされていたが、最終的に2006年3月10日12時から3月13日16時30分の76.5時間限定での受付となった。2007年9月に古原奈々の『ふたりのもじぴったん』を追加したバージョンがアニメイトで一般販売された。
765所属アイドルバースデーシリーズ vol.3 高槻やよい
手作りのカエルのポシェット+オリジナル缶バッチ5個セット。
765所属アイドルバースデーシリーズ vol.4 天海春香
オリジナルケーキ皿・ティーカップ・ソーサーと、高槻やよいとのドラマCD「アン・ハッピーバースデー?」のセット。
765所属アイドルバースデーシリーズ vol.5 水瀬伊織
伊織愛用のウサちゃん人形。
765所属アイドルバースデーシリーズ vol.6 双海亜美・真美
オリジナルハンドウォッチと、2枚組(亜美編と真美編)のドラマCD「Ami&Mami's Super Birthday!」のセット。なおドラマCDではプロデューサー(泰勇気)と萩原雪歩が出演。
765所属アイドルバースデーシリーズ vol.7 秋月律子
律子の眼鏡と、如月千早・菊地真とのドラマCD「Sound of Raindrops」のセット。
765所属アイドルバースデーシリーズ vol.8 三浦あずさ
三浦あずさ「運命の瞬間(とき)」フィギュア(製作:グッドスマイルカンパニー
765所属アイドルバースデーシリーズ vol.9 菊地真
菊地真一レーシンググッズ(キャップ+Tシャツ)とスペシャルドラマCD「晴れ時々曇り後台風、後晴れ」のセット。
CDでの共演者は天海春香・如月千早・音無小鳥・菊地真一(声:星野充昭)。
765所属アイドルバースデーシリーズ vol.10 星井美希
『アイドルマスター Live for You!』限定版と星井美希リミテッドドール(製作:メガハウス)のセット。

カラオケ 編集

通信カラオケには、これらの曲が収録されているものもある。 一番多いのは第一興商PremireDAMである。

HyperJoy V2以降では、PVクリップとして「THE IDOLM@STER」のゲーム画像が収録されている。

書籍 編集

週刊アイドルマスター Vol.1〜Vol.4(全4巻)
ソフトバンククリエイティブ発行のキャラクターファンブック。タイトル通り、2007年1月26日から2月17日までの4週にわたり、連続で発行された他、Amazon.com等の通信販売では4冊セットでの販売も行われた。
Vol.1で天海春香、萩原雪歩、秋月律子、Vol.2で如月千早、双海亜美・真美、三浦あずさ、Vol.3で高槻やよい、水瀬伊織、菊地真、Vol.4で星井美希を取り上げている。
ゲーマガ誌の別冊としての「週刊シリーズ」[10]のひとつとして制作された。

その他の書籍は、THE IDOLM@STER#書籍およびTHE IDOLM@STER (Xbox 360)#書籍を参照。

漫画編集

コミックオリジナルのキャラクターが登場し、コミックオリジナルのストーリーとなっているケースが多い。

アイドルマスター編集

月刊コンプエース』連載 全7回(2006年5月 - 2006年11月) 原作:バンダイナムコゲームス 作画:稍日向

メインヒロインは天海春香。765プロに新人として入社したばかりのプロデューサーの奮闘とアイドル達との交流を描いている。アーケード版と本作オリジナルの人物しか登場しない。“PROJECT IM@S”発足以前からの連載だった為か、コミックではこの作品のみカバーに“PROJECT IM@S”の表記が無い。また、あずさが真の事を「ちゃん」付けでは無く「さん」付けで呼んだりと、原作とは基本設定が一部異なる。

アイドルマスター relations編集

Comic REX』連載 全14回(2007年3月 - 2008年5月) 原作:バンダイナムコゲームス 作画:上田夢人

メインヒロインは星井美希。擬装NPCとしての設定しかなかった佐野美心や魔王エンジェルが重要な登場人物として登場している。なお、作画担当の上田夢人は、「Gratitude 〜グラッティテュード・感謝〜」のアニメイト再版版のジャケットイラストも担当している。

単行本(全2巻) 一迅社発行 REXコミックスレーベル
  1. 第1巻 通常版/限定版 2008年2月9日発売。通常版:ISBN 978-4-7580-6080-6 / 限定版:ISBN 978-4-7580-6081-3 
  2. 第2巻 2008年9月25日発売。 ISBN 978-4-7580-6107-0
アイドルマスター -Your Mess@ge-編集

Side-B・N』と同Web上で連載 原作:バンダイナムコゲームス 作画:草壁レイ

11人のアイドル達の活動風景を、2人ずつ5回に分けて描いており、各話ごとにメインキャラが代わる構成になっている。また、第0話ではプロデューサーの入社前の一コマが描かれている。

ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-編集

テンプレート:Rellink電撃マ王』誌上連載(2008年7月 - ) 原作:バンダイナムコゲームス 作画:明音

アイドルマスターからのスピンオフ作品。「ぷちどる」という、アイドル達にそっくりな姿をした謎の生き物と765プロのアイドル達の日常風景がゆる〜いノリで描かれる4コマ漫画。なお、作画担当の明音は、#ファミソン8BIT☆アイドルマスターシリーズのジャケットイラストも担当している。ぷちどる達の初出は明音が個人サイトで不定期に連載している4コマ漫画で、明音の二次創作だった。『電撃PlayStation』にも出張版と称して毎月1話だけ連載されている。

アイドルマスターブレイク!編集

月刊少年ライバル』誌上連載(2008年9月 - 2010年10月) 原作:バンダイナムコゲームス 作画:藤真拓哉

『THE IDOLM@STER SP』をベースにした作品で、765プロ社長の孫という設定の16歳の少年が主人公。祖父の急病でひょんな事から主人公が社長代行兼プロデューサーとなってしまい、事務所の経営とプロデュースを務め、さらにはアイドル達と同居する事にもなってしまうなど、ハーレム系ラブコメ的要素が非常に強い作品となっている。

当初天海春香・星井美希・高槻やよい・如月千早・水瀬伊織・萩原雪歩の6人が「765WINGS」というユニットを結成して活動していたが、暫くして星井美希が写真をネタに脅迫されて961プロに移籍。さらにその後秋月律子・三浦あずさ・双海姉妹・菊地真の5人が「765WINGS」に新メンバーとして加入する。高木社長・音無小鳥・我那覇響・四条貴音・黒井社長も登場。また、高木社長はシルエットではなく、常にサングラスをかけた白髪の中年として登場する(原作では肌が色黒という設定らしいが今作では普通である)。この他DS版の主人公達もちらほら登場する。

主人公であるプロデューサーが高木社長の孫でしかも高校生である事や亜美真美が2人一緒に表舞台に出ている事等、原作や他のアイマスコミックとは一風変わった作風となっている。

単行本 講談社発行 ライバルコミックスレーベル
  1. 第1巻 通常版/限定版 2009年3月4日発売。通常版:ISBN 978-4-06-380031-9 / 限定版:ISBN 978-4-06-362134-1
    • 限定版は『アイドルマスターSP』初回版の予約特典として付属した「ヴァイスシュヴァルツ」プロモーションカードである「765プロ」と対をなす限定プロモーションカード「プロジェクト・フェアリー」、作画担当の藤真拓哉デザインの『アイドルマスターSP』用DLCカード(衣装・アクセサリーの2種、合計2枚)が付属。なお、追加衣装に関しては通常の衣装のカラーバリエーションのため、美希を含む961プロ所属アイドルは使用することができない。表紙イラストの色合いは限定版は青、通常版はオレンジ。限定版に付属した追加衣装の設定画とカードに描かれたイラストは、第2巻のあとがきに再掲載されている。なお、この追加衣装とアクセサリーは2010年10月28日から連載最終回記念として無料配信される予定[11]
  2. 第2巻 通常版/限定版 2009年10月2日発売。通常版:ISBN 978-4-06-380071-5 / 限定版:ISBN 978-4-06-364802-7
  3. 第3巻 通常版/限定版 2010年6月4日発売。通常版:ISBN 978-4-06-380111-8 / 限定版:ISBN 978-4-06-362163-1
    • 限定版は「化物語」とコラボレーションしたカバーソングCDが付属。2巻同様、カバーする曲を歌うキャラクターのコスプレイラストが描かれており、化物語の著作権表記がなされている。表紙イラストの色合いは通常版はオレンジ、限定版はグリーン。
    • 収録曲

トレーディングカードゲーム 編集

ブシロードから発売されているトレーディングカードゲームヴァイスシュヴァルツのシュヴァルツサイド参加作品として登場。商品は以下の通り。

トライアルデッキ THE IDOLM@STER
2009年7月25日発売。いわゆるスターターパックで、構築済みデッキのカード50枚の他、ルールシート、プレイブック、デッキ解説書、プレイマットがセットになっている。定価1300円。
ブースターパック THE IDOLM@STER
2009年8月22日発売。1パック8枚入りで330円。
エクストラパック THE IDOLM@STER Dearly Stars
2010年1月9日発売予定。1パック6枚入りで500円。限定初回生産のみ。

また、それ以外にも2009年発売のアイマス関連商品の販促として、限定カード(プロモーションカードと呼称)が付属していることもある。

イベント 編集

アイドルマスターミニライブ
2004年1月17日開催。サンシャインシティコンベンションセンター東京で行われたアニメエキスポ東京2日目のイベントとして、今井麻美・中村繪里子の出演していたインターネットTV番組「アギュー」公開録画と同時開催。出演は中村繪里子、今井麻美。司会はおたっきぃ佐々木。なお、公開録画では下田麻美も出演し、当時開発中であったアイドルマスターのゲーム紹介とプロモーションビデオの上映を行った。
アイドルマスター6/9(きゅうぶんのろく)
2005年2月19日開催。幕張メッセで行われたAOU2005アミューズメントエキスポ内のイベントとして、ナムコブースで行われた。参加声優は中村繪里子、落合祐里香、下田麻美、たかはし智秋、仁後真耶子、若林直美の6名で、イベントタイトルはそこから取られている。
アイドルマスターシークレットライブ
2006年1月21日開催。MASTERPIECEシリーズ発売記念として、購入すると付いてくる応募券で応募した者から抽選で入場者が決められた。会場は赤羽会館。通称「赤羽ライブ」。参加声優は中村繪里子、今井麻美、たかはし智秋、落合祐里香、平田宏美、若林直美、仁後真耶子、下田麻美。
THE IDOLM@STER 1st ANNIVERSARY LIVE
2006年7月23日開催。THE IDOLM@STERリリース1周年記念として、新木場STUDIO COASTで行われた。参加声優は中村繪里子、落合祐里香、若林直美、たかはし智秋、今井麻美、平田宏美、釘宮理恵、仁後真耶子、下田麻美、滝田樹里の10名で、アイドル候補生の声優が全員登場した初イベントとなった。
また、この時同時にTHE IDOLM@STER RADIOの公開録音も行われている。
スクープ連発! Xbox 360版アイドルマスターの秘密に迫る! 暴かれた超人気アイドルの秘められた過去と湯けむりの向こう側に幻のしいたけ料理を見た!
2006年9月23日、および9月24日開催。幕張メッセで行われた東京ゲームショー2006内のイベントとして、バンダイナムコゲームスブースで行われた。Xbox 360版THE IDOLM@STERの紹介が中心。参加声優は中村繪里子、今井麻美、長谷川明子。
THE IDOLM@STER MASTERWORK 第0弾 私はアイドル♥発売記念 Xm@sイベント
2006年12月20日開催。秋葉原石丸電気ソフトワンにて、MASTERWORK00の発売記念イベントとして行われた。参加声優は中村繪里子、今井麻美、長谷川明子。
THE IDOLM@STER ALL STAR LIVE 2007
2007年4月1日開催。お台場ZEPP TOKYOにて行われた。参加声優は中村繪里子、落合祐里香、若林直美、たかはし智秋、今井麻美、平田宏美、釘宮理恵、仁後真耶子、下田麻美、長谷川明子、滝田樹里。
Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY
@TOKYO 2007年10月28日(東京渋谷O-EAST)。参加声優は中村繪里子、今井麻美、下田麻美、仁後真耶子、平田宏美、若林直美、滝田樹里。
@OSAKA 2007年11月3日(大阪心斎橋BIG CAT)。参加声優は中村繪里子、今井麻美、下田麻美、仁後真耶子、長谷川明子、たかはし智秋、滝田樹里。
@TOKYO+(プラス) 2007年11月4日(東京渋谷O-EAST)。参加声優は中村繪里子、滝田樹里、今井麻美、仁後真耶子、下田麻美、若林直美、平田宏美、長谷川明子、および特別参加のたかはし智秋。
Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE
2008年7月27日、パシフィコ横浜国立大ホールにて開催。参加声優は中村繪里子、若林直美、たかはし智秋、今井麻美、平田宏美、釘宮理恵、仁後真耶子、下田麻美、長谷川明子、滝田樹里の他、新キャラクターの声優となった沼倉愛美原由実。声の出演に徳丸完細井治。映像出演に落合祐里香。特別ゲストとして串田アキラが「おはよう!!朝ご飯(REM@STER-A) featuring YAKINIKUMAN!」に参加した。
PSP版新作ゲームTHE IDOLM@STER SPに765プロのライバルとして、黒井社長率いる961プロダクション、新キャラクターの我那覇響、四条貴音に加え、移籍をした星井美希の3名がゲストキャラクターとして参加する事が発表された。また、ライブではその3名、プロジェクトフェアリーによる新曲「オーバーマスター」が披露された。
THE IDOLM@STER SP Presents『765プロダクション新曲発表会 in TGS 2008.10.11』
2008年10月11日、幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2008のイベントステージにて行なわれた。THE IDOLM@STER SPのパーフェクトサン、ワンダリングスター、ミッシングムーン各ソフトに登場する765プロダクション所属アイドルの担当声優として、中村繪里子、下田麻美、今井麻美が出演し、新曲「Colorful Days」を披露した。また、シークレットゲストとして961プロダクション所属アイドルの担当声優、長谷川明子、沼倉愛美、原由実が出演し、新曲「オーバーマスター」を披露した。
THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!!
アイドルマスターのイベントとしては初となる4都市開催となったライブツアー。
名古屋公演 2009年5月17日 (名古屋CLUB DIAMOND HALL)。参加声優は中村繪里子、今井麻美、仁後真耶子、長谷川明子、沼倉愛美、原由実。
福岡公演 2009年5月24日 (福岡DRUM LOGOS)。参加声優は落合祐里香、若林直美、下田麻美、長谷川明子、沼倉愛美。
東京公演 2009年5月30日 (東京JCBホール)。参加声優は中村繪里子、今井麻美、仁後真耶子、若林直美、たかはし智秋、平田宏美、長谷川明子、沼倉愛美、原由実、滝田樹里、戸松遥、花澤香菜。
東京公演の一部はニコニコ動画にて生配信され、その中でTHE IDOLM@STER Dearly Starsの新キャラクターの担当声優の発表が行われ、戸松遥、花澤香菜が出演した。三瓶由布子はビデオ出演という形で参加。
大阪公演 2009年7月23日 (大阪なんばhatch)。参加声優は中村繪里子、今井麻美、仁後真耶子、平田宏美、原由実、滝田樹里、沼倉愛美。
大阪公演は当初2009年5月23日に予定されていたが、大阪市を含む関西地域での2009年新型インフルエンザの発生に伴い中止となり[12]、その後7月23日に振替開催することが発表された[13]
THE IDOLM@STER 2009 H@ppy Christm@s P@rty!!
2009年12月23日、新木場STUDIO COASTで行われた。出演は中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、平田宏美、下田麻美、原由実、沼倉愛美、若林直美。
THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!
2010年7月3日、4日に、幕張メッセで開催。出演は中村繒里子、長谷川明子、下田麻美、原由実、沼倉愛美、釘宮理恵、仁後真耶子、平田宏美、滝田樹里、今井麻美、たかはし智秋、若林直美、浅倉杏美(4日のみ)。

クレジットカード 編集

アイマスVISAカード
三井住友カードから提携カードとしてアイマスVISAカードが発行された。2008年11月17日に募集開始がアナウンスされ[14]、公式HPより申し込むことができる[15]。カードにはパンキッシュゴシックを着た765プロのアイドル11人が描かれる。初年度年会費無料であり、前年度利用実績があれば翌年度も無料となる。入会特典は765プロ所属アイドル1人につき1枚ずつの名刺「アイドル10種オリジナル名刺」である(亜美と真美は二人で1枚)。カード利用上の特典として、税込1,000円の利用につき1ポイント加算されるワールドプレゼントポイントを「アイマスVISAカード限定グッズ」に交換できる。限定グッズ第1弾は1,000セット限定の「『765プロダクション』プロデューサー名刺」(100枚入り)でありワールドプレゼントポイント200ポイントと交換できる。限定グッズ第2弾は、1,000セット限定の「『アイドルマスター オリジナル切手シート』」であり、ワールドプレゼントポイント700ポイントと交換できる。

他ゲームソフトへの出演 編集

太鼓の達人シリーズ
アーケード版では「太鼓の達人7」以降、家庭用ゲーム版ではニンテンドーDS用ソフト、Wii用ソフトの全作品、PSP用ソフトの「ぽ〜たぶる2」、PS2用ソフトの「アニメスペシャル」「ドカッ!と大盛り七代目」」に、『THE IDOLM@STER』のゲーム内使用曲のうちいくつかが使用されており、その曲でプレイするとデフォルメ化されたアイドル達が踊り子として登場する(ただし、DS版1作目「タッチでドコドン!!」のみ登場しない)。楽曲はいずれも、アイドルを担当した声優全員が歌う形の音源が使われている。
また、太鼓の達人シリーズに登場するマスコットキャラである和田どん、和田かつが『THE IDOLM@STER』内で使用されるアクセサリとして登場するほか、『THE IDOLM@STER SP』のオプションで変更できるTV出演シーン時に背景に立てられる書き割りに太鼓の達人のキャラクターが描かれたものがあるなど、相互に出演する形となっている。
収録曲は以下の通り。
  • THE IDOLM@STER:「太鼓の達人7 - 9」(AC)、「アニメスペシャル」(PS2)、「ぽ〜たぶる2(ダウンロード曲)」(PSP)
  • ポジティブ!:「太鼓の達人7 - 8」(AC)、「アニメスペシャル」(PS2)
  • 魔法をかけて!:「太鼓の達人8 - 9」(AC)、「ぽ〜たぶる2」(PSP)、「ドカッ!と大盛り七代目」(PS2)
  • エージェント夜を往く:「太鼓の達人10 - 14」(AC)、「7つの島の大冒険」(DS)
  • GO MY WAY!!:「太鼓の達人9 - 10」(AC)、「タッチでドコドン!」(DS)
  • shiny smile:「太鼓の達人11」(AC)、「7つの島の大冒険」(DS)
  • Do-Dai:「太鼓の達人12 - 13」(AC)「太鼓の達人Wii」(Wii)
  • 神さまのBirthday:「太鼓の達人12 - 12 ド〜ン!と増量版」(AC)「太鼓の達人Wii」(Wii)
  • キラメキラリ:「太鼓の達人12 ド〜ン!と増量版 - 14」(AC)
  • I Want:「太鼓の達人12 ド〜ン!と増量版 - 13(12増量版は隠し曲、13は最初から登場)」(AC)、「Wii ドドーンと2代目!」(Wii)
  • “HELLO!!”:「太鼓の達人13」(AC)、「Wii ドドーンと2代目!」(Wii)
  • オーバーマスター:「太鼓の達人14」(AC)、「ぽ〜たぶる2(ダウンロード曲)」(PSP)
  • relations:「太鼓の達人14」(AC)、「ドロロン! ヨーカイ大決戦!!」(DS)
ミュージックガンガン!シリーズ(タイトー
「曲がいっぱい☆超増加版!」から、『THE IDOLM@STER』のゲーム内使用曲が使用されるようになった。太鼓の達人シリーズと異なり、楽曲はソロバージョンとなっている。
収録曲は以下の通り。
  • GO MY WAY!!(如月千早):「曲がいっぱい☆超増加版!」
ビューティフル塊魂
Xbox 360用ソフト。IM@S ALLSTARS(アイマスオールスターズ)として、楽曲「団結」を提供。なお、IM@S ALLSTARSとは当該ゲームのために緊急結成されたスペシャルユニットで、765プロ所属アイドル10(+1)人で構成されている。『Live For You!』において塊魂の王子や王様、塊がアクセサリとして登場したほか、初回限定版付属のDVDに収録された「団結」PVでは塊魂に登場したメイツ達がPVに出演しており、こちらも相互出演となっている。
エースコンバット6 解放への戦火
Xbox 360用ソフト。ゲーム中で使用する機体の配色と性能を変更した「スペシャルカラー機体」がダウンロードコンテンツとして配信されたが、その中に、THE IDOLM@STERに登場するキャラクターをデザインした痛車の航空機版とも言える機体が全13種類配信された(文末に配信された機体の一覧を掲載。詳細は エースコンバット6 解放への戦火#ダウンロードコンテンツを参照。)。
A-10A -THE IDOLM@STER SP-を除いて、機体の主翼(または胴体、あるいはその両方)及び垂直尾翼にはステージ衣装を着た765プロ所属アイドルが描かれるほか、サインやアクセサリ、その他描かれたアイドルや声を演じた声優にちなんだアイテムが描かれており、機体のベースカラーには描かれたアイドルのイメージカラーが使用されている。
機体の挙動は描かれたアイドルの特徴に合わせて変更されており、例えば春香の場合、転びやすいという特徴を機体の失速のしやすさで表現している。ミサイルおよび特殊兵装の搭載数はアイドルのプロフィールに合わせて変更されており、ミサイルの搭載数は身長と同じ数値に、特殊兵装の搭載数はバスト、ウエスト、ヒップの各サイズと同じ数値になり、特殊兵装が4種類となる機体の場合、4種類目は体重と同じ数値になる。A-10A -THE IDOLM@STER SP-に関しては一人のアイドルだけが描かれるのではなく、音無小鳥をメインに、高木社長とデフォルメ化された765プロ所属の全アイドル、3人の審査員などが描かれ、ミサイルと3種類の特殊兵装の搭載数はそれぞれ765、70、60、50となる。
これらの機体から発射されたミサイルの噴射煙の色は通常の白灰色ではなく、色付きのカラースモークとなっており、アイドルのイメージカラーに着色されている。ただし、美希を描いたSu-33、覚醒美希を描いたSu-47、律子を描いたF/A-18F、765プロ全員を描いたA-10Aは全て同じ色であり、イメージカラーが白である雪歩を描いたF-117Aには色の変更がない。
価格は他のダウンロード機体が200マイクロソフトポイント(約300円)なのに対しこのシリーズは400マイクロソフトポイント(約600円)である(ただし、亜美と真美の機体のみ2機セットで400マイクロソフトポイント、A-10A -THE IDOLM@STER SP-は100マイクロソフトポイントとなっている)。スペシャルカラー機体は毎月1回(2007年11月は1日と22日の2回)配信され、2008年7月24日をもって新機体の配信は終了した。
なお、それぞれの機体はアイドルの誕生日に近づけて配信された[16]
  • Su-33 Flanker -THE IDOLMASTER MIKI- - 2007年11月22日配信開始。
  • F-117A Night Hawk -THE IDOLMASTER YUKIHO- - 2007年12月19日配信開始。
  • Su-47 Berkut - THE IDOLMASTER MIKI-EX- - 2008年1月30日配信開始。
  • F-15E Strike Eagle - THE IDOLMASTER CHIHAYA- - 2008年2月28日配信開始。
  • F-22A Raptor -THE IDOLMASTER HARUKA- - 2008年3月27日配信開始。
  • Mirage2000-5 -THE IDOLMASTER YAYOI- - 2008年3月27日配信開始。
  • Rafale M -THE IDOLMASTER IORI- - 2008年4月24日配信開始。
  • F-2A -THE IDOLMASTER AMI- -2008年5月29日配信開始。
  • F-16C Fighting Falcon -THE IDOLMASTER MAMI- -2008年5月29日配信開始。
  • F/A-18F Super Hornet -THE IDOLMASTER RITSUKO- -2008年6月26日配信開始。
  • F-14D Super Tomcat -THE IDOLMASTER AZUSA- -2008年6月26日配信開始。
  • Typhoon -THE IDOLMASTER MAKOTO- -2008年7月24日配信開始。
  • A-10A Thunderbolt II -THE IDOLMASTER SP- -2008年7月24日配信開始。
模型メーカーのハセガワより、上記の機体のプラモデルが限定生産で商品化されている。詳細はアイドルマスタープロジェクトを参照。
ファミリースキー
Wii用ソフト。ゲーム内で使用されるスキー板に、『THE IDOLM@STER』のキャラクターが描かれたものが登場する。
ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし
ニンテンドーDS用ソフト。ナムコの歴代ゲームがモチーフになっているゲームであり、その中に『THE IDOLM@STER』がモチーフとなっているミニゲームが登場。
ハッピーダンスコレクション
Wii用ソフト。ダンスミュージックの一つとして、「GO MY WAY!!」が使用されている。
タンくる
企画・開発をバンダイナムコゲームス、販売・運営をベルクスが担当するインターネットゲーム。コラボレーション企画として期間限定で天海春香(配信終了)、三浦あずさ、萩原雪歩の衣装が配信されている。なお、アイマス衣装は使用できるキャラクターが決まっている。
テイルズ オブ シリーズ
以下の4作品に出演する。また、『SP』のDLCに「テイルズ オブ ジ アビス」のアニス衣装、「テイルズ オブ ヴェスペリア」のエステル衣装が配信されている、『DS』の876プロに張られているポスターが「テイルズ オブ グレイセス」のソフィの物であるなど、シリーズ全体で見れば相互出演の形となっている。
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー
PSP用ソフト。Web連動企画として、アイドルマスターのアイドルが着ているピンクの衣装が配信された。配信されたのは天海春香・如月千早・双海亜美の衣装。
テイルズ オブ ハーツ
ニンテンドーDS用ソフト。特定条件下で「援護攻撃」を行うと、高槻やよいが援護キャラとして登場する。
テイルズ オブ グレイセス
Wii用ソフト。2009年12月16日から、『Dearly Stars』の3人が着ている衣装が配信される。
テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョンX
PSP用。なりきり士がなりきることのできるコスチュームの一つとして、春香になりきる衣装が登場する(メル専用)。春香になりきった場合、キャラクターボイスはメルの声(阿澄佳奈)ではなく、春香本人の声(中村繪里子)になる。
無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガバンプレストレーベル)
ニンテンドーDS用。モノリスソフト開発。パロディの多い作品であるが、ネタの一つに小牟と沙夜が仲間にいる状態で通常戦闘に突入すると、小牟が「森羅のアイドルマスター」と自称するものがある(対する沙夜の掛け合いは「逢魔のアイドルプロジェクト」)。なお、小牟と沙夜はナムコレーベル作品「NAMCO x CAPCOM」出身。このネタの意味について、『無限のフロンティアEXCEED』制作ディレクターの森住惣一郎はTwitterで「零児はわしが育てた」という意味であると明かしている[17]
初音ミク -Project DIVA- 2ndセガ
PSP用。5周年ライブで『アイマスSP』とのコラボレーションが告知され、その後ゲーマガ2010年8月増刊号でアイマス衣装が登場することと、楽曲提供が行われることが報じられた。アイマス衣装・楽曲は2010年10月28日からダウンロード配信される予定で、春香・亜美真美・千早が『SP』のパッケージイラストで着ている衣装が配信される。対応するのは春香用はミク、亜美真美用がリン(レンには使用できない)、千早用がルカ。配信される楽曲は『GO MY WAY!!』『relations』。

テレビ番組 編集

以下の2番組で本作が取り上げられ、特集された。いずれもNHK衛星放送でのみ放映。

  • COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜:2008年8月27日放送の「アイドル」特集の回で、アーケード版THE IDOLM@STERが「アイドル育成ゲーム」として取り上げられ、実際に出演者がTHE IDOLM@STERをプレイした(プレイに選んだアイドルは千早と雪歩の2人ユニットである)。また、アーケード版THE IDOLM@STERのプレイシーンで今井麻美がゲームの出演声優として出演している。
  • MAG・ネット:第15回で「アイドルマスター」特集が組まれ、開発現場へも取材が行われた。スタッフでは石原章弘(ディレ1)、坂上陽三(ガミP)、中川浩二(サウンド。『relations』などの作曲)、遠藤暢子(アニメーション担当)、青木直人(モデリング担当)が、声優では中村繪里子・仁後真耶子[18]がそれぞれ出演。スタジオには上田夢人(漫画家・イラストレーター。『アイドルマスターrelations』作画など)、今井洸一(編集者、フリーライター。電撃マ王で「イマイチP」名義でアイマス関係の記事を執筆)、荒木ビビが出演した。

アニメからの展開 編集

テレビアニメ『アイドルマスター XENOGLOSSIA』を基幹として展開したものを下記に記述する。

ラジオ(アニメからの展開) 編集

インターネットラジオ(アニメからの展開) 編集

CD(アニメからの展開) 編集

テンプレート:Rellink

ドラマCD(アニメからの展開) 編集
オリジナルドラマvol.1『週間十六夜寮』
オリジナルドラマvol.2『週間モンデンキント』
オリジナルドラマvol.3『週間アイドルマスター』
サウンドトラック 編集
オリジナルサウンドトラックvol.1『IMBER』
オリジナルサウンドトラックvol.2『NUBILUM』
コレクションアルバム『BEST COLLECTION』
キャラクターソングアルバム 編集
キャラクターアルバムvol.1『熱唱!サンライズ巨大ロボットアニメソング無敵』
キャラクターアルバムvol.2『熱唱!サンライズ巨大ロボットアニメソング嵐』
ラジオCD 編集
“春香とやよいの弥生式らじお”恋だもん〜初級編〜
“春香とやよいの弥生式らじお”特別編〜友情だもん〜

詳細は春香とやよいの弥生式らじお#ラジオCDを参照。

書籍(アニメからの展開) 編集

漫画(アニメからの展開) 編集
『アイドルマスターXENOGLOSSIA』
テンプレート:Rellink
小説(アニメからの展開) 編集
『アイドルマスター XENOGLOSSIA 〜絆〜』
『アイドルマスター XENOGLOSSIA 伊織サンシャイン!』
テンプレート:Rellink

2nd Vision 編集

テンプレート:コンピュータゲームの新製品 2009年5月17日の「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN NAGOYA」において、新作ゲームの2010年リリースに向けて「PROJECT IM@S 2nd Vision」と称する新プロジェクトの始動が宣言された[19]

またそれと同時にニコニコ動画に公式チャンネル「たるき亭」がオープンしている。

ゲームからの展開 (2nd) 編集

以下のゲーム作品を基幹として展開したものを下記に記述する。

Web番組 編集

ディアリーステーション(2009年7月11日 - 2009年8月31日)
パーソナリティ: 花澤香菜戸松遥三瓶由布子
ゲスト出演: 田中文啓(ブンケイP)、坂上陽三(ガミP)、中村繪里子

CD (2nd) 編集

DREAM SYMPHONYシリーズ 編集

テンプレート:Rellink

書籍 (2nd) 編集

漫画 (2nd) 編集
アイドルマスター SplashRed
アイドルマスター InnocentBlue
アイドルマスター NeueGreen

テンプレート:Rellink

イベント (2nd) 編集

アイドルマスター ディアリースターズ スペシャルステージ
2009年9月26日、幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2009のバンダイナムコゲームスのブース内ステージにて行なわれた。参加声優は戸松遥、及びサプライズゲストの今井麻美。今井による新曲「またね」と、2人による「GO MY WAY!!」が披露された。
THE IDOLM@STER 876pro Secret V@lentine P@rty!!
2010年2月14日、渋谷のパセラリゾーツ グランデにて行われた。特定の店舗にてDREAM SYMPHONYシリーズを購入の上、応募した人の中から抽選で選ばれた人が参加することが出来た。参加声優は戸松遥、花澤香菜、三瓶由布子、及びスペシャルゲストの今井麻美。
THE IDOLM@STER 2 765プロダクション2010年度 決起集会
2010年9月18日[20]、幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2010のバンダイナムコゲームスのブース内ステージにて行なわれた。参加声優は若林直美、下田麻美、浅倉杏美、沼倉愛美、原由実。このイベントで961プロダクションのライバルアイドルユニット「ジュピター」の登場と竜宮小町・律子のプロデュース不可、2011年1月のライブ告知、新曲「The world is all one !!」を歌うユニットを人気投票で決めるという告知が行われた。[21][22]
この発表は主にファンコミュニティに対し大きな波紋を呼び、一部のニュースサイトに取り上げられるまでに至っている[23]

携帯サイト 編集

アイドルマスターモバイル
2009年に、各キャリア向けに公開。アーケード版の連携が主体だった従来の携帯サイトから大幅にリニューアルされ、アイドルマスター関係の携帯電話向けコンテンツを配信するようになった(アーケード版との連携はアーケード連動コーナーに移動)。また、過去には『Dearly Stars』とのQRコード読み込み機能を使った連携も行われていた(ニンテンドーDSiニンテンドーDSi LL専用)。なお、2010年7月4日の「アイドルマスター2」発表に合わせ、ロゴデザインがリニューアルされている。
docomoは7月23日、SoftBankには8月12日、auは8月13日にそれぞれ公開されている。
独自の企画として、アイドル達の書き下ろしイラスト壁紙の配布や、アイドル達がある特定のシチュエーションになりきるもの(雪歩が女王様キャラ、真が王子様キャラ、やよいの姉キャラといったものから、貴音が保育園の先生、春香が3歳児といったキャラクターになるものもある)、童話の登場人物になるもの、公募による着ボイス配信などが行われているほか、利用状況に応じてアイドルの反応が変わるという要素がある。

関係者 編集

坂上陽三
PROJECT IM@S統括プロデューサー。通称ガミP変態。シリーズに関わったのはXbox 360版から。
石原章弘
PROJECT IM@S総合ディレクター。シリーズ立ち上げから関わっている。通称ディレ1。以降の作品はディレクションや監修などを担当。
ラブプラス』のディレクターである石原明広は漢字違いの同姓同名の別人。
窪岡俊之
765プロサイドのキャラクターデザインを担当。『SP』以降は事実上名義のみの参加。
田宮清高
『SP』から参加。876プロサイドのキャラクターデザインを担当。『2』は窪岡デザインのリファインも含めてJupiterなど全キャラクターのデザインを担当。
杏仁豆腐
フリーのイラストレーター。CDシリーズのジャケットなどを担当。

元関係者 編集

田中文啓
元バンダイナムコゲームス広報、現ブシロード所属。シリーズの広報を担当した。DSではプロデューサーも担当した。2010年3月頃にNBGIを退社。

関連項目 編集

テンプレート:THE IDOLM@STER

脚注 編集

[ヘルプ]
  1. バンダイナムコゲームス、Xbox 360「THE IDOLM@STER」新キャラも登場、アイドル候補生のプロフィールを一挙公開」 GAME Watch、2006年9月15日。
  2. バンダイナムコ、「PROJECT IM@S 2nd VISION」始動! 続編も制作開始! 「アイドルマスター」は次のステージへ」 GAME Watch、2009年5月18日。
  3. アイドルマスター公式ページ内スタッフコラム2010年1月 2009年1月8日のブンケイPのコラム「アイマス関連CD 累計100万枚出荷!!」より
  4. 如月千早の『蒼い鳥』と三浦あずさの『9:02pm』はMASTERWORKシリーズではなく『THE IDOLM@STER RADIO 歌姫楽園』に収録された。
  5. 5.0 5.1 なお、『MASTER ARTIST 09 萩原雪歩』と『MASTER ARTIST 10 秋月律子』とは同時発売の予定だったが、制作の都合で発売が遅れたため、10の方が先に発売されることになった。なおそれにもかかわらず10枚購入特典である社長フィギュアの応募締め切り日は変更されなかった。
  6. ファミソン8BIT公式サイト
  7. THE IDOLM@STER OFFICAL WEB 2008年10月28日付 スタッフコラム「フツーこれはBEST盤とは言わないデス!」
  8. コロムビア公式THE IDOLM@STERシリーズ最新情報(11月19日付号外) ~本日「THE IDOLM@STER BEST ALBUM ~MASTER OF MASTER~」発売日です!~
  9. [Blu-ray] THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one!! Blu-ray BOX [初回生産限定版] [Blu-ray] / オムニバス - Neowing
  10. 他の週刊シリーズとしては、週刊ゼノサーガと週刊テイルズオブディスティニーがある。
  11. 10/28配信!DL版『アイマスSP』×『初音ミク -Project DIVA- 2nd』コラボ|アイドルマスター公式ブログ 2010年10月22日
  12. アイマス4周年ツアー・大阪公演中止のお知らせ
  13. アイマス4周年ツアー・大阪振替公演のお知らせ
  14. THE IDOLM@STER OFFICAL WEB 2008年11月17日付 スタッフコラム「アイマスVISAカード募集開始!」
  15. THE IDOLM@STER OFFICAL WEB 「アイマスVISAカードのご案内」
  16. 週刊ファミ通2008年6月27日号(No.1019)の特集記事「ゲーム都市伝説2008」、バンダイナムコゲームスのスタッフの回答による。
  17. 2010年2月1日 森住惣一郎のつぶやきによる
  18. ライブ映像のみの出演。
  19. 次回作の制作決定!! 『アイドルマスター』は2nd Visionへ、名古屋公演で大発表! 電撃オンライン 2009年5月18日
  20. ねとらぼ:「アイマス2」Amazonレビューが大炎上 ニコ動に“激怒MAD”も」  ITmedia News、2010年9月1日。
  21. 「アイマス2」署名8500件手渡し求め、ファンが内容証明送付 「キャラ4人育成可能にして」」  ITmedia News、2010年10月1日。
  22. 「アイマス2」765プロダクション決起集会に乱入者!? 衝撃の発表に765プロが激震」 ITmedia Gamez、2010年9月19日。
  23. ねとらぼ:「アイマス2」Amazonレビューが大炎上 ニコ動に“激怒MAD”も - ITmedia News 2010年9月21日
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。