Fandom


UNO(ウノ)は、トランプゲーム「エイト」及び「アメリカンページワン」を遊びやすく改良したカードゲームである。トランプを用いる「エイト」や「アメリカンページワン」とは違い、UNOは専用のカードを用いる。手札を早く0枚にした者が勝者となるゲームで、対戦相手を妨害する役札が存在することと、残り手札が1枚となった時に「Uno」と宣言しなければならないことが特徴。スペイン語数字の「1」を意味する「ウーノ (uno)」が名前の由来である。

1971年アメリカオハイオ州で理髪店を営むマール・ロビンス (Merle Robbins) により考案され、1979年に広く発売されて人気となった。世界80ヶ国でこれまでに1億5000万個が販売されている。現在はバービー人形で知られるマテルが権利を保有しており、日本では、マテル・インターナショナルから発売されている。

ルール 編集

ファイル:Baraja de UNO.JPG
ファイル:Uno-karten.jpg

カードは赤青黄緑の4色にわかれ、それぞれに0 - 9の数字カード(0は各色1枚、他は各色2枚)と Reverse(リバース)、Skip(スキップ)、Draw Two(ドローツー)の各役札(各色各2枚)、そして無色(黒)のWild(ワイルド)カードとWild Draw Four(ワイルドドローフォー)カード(各4枚)が存在する。

  1. 一枚ずつカードを裏向きのまま引いて、最も高い数字(記号カードはゼロ)のプレイヤーがディーラーとなる。またディーラー決めはジャンケンでもよい。
  2. 各人に7枚ずつカードを配り手札とする。余った札は山札として重ねる。
  3. 一番上のカードをめくり、そのカードをディーラーの出した札として扱う。
    Wild Draw Fourカードだった場合はカードを山札に戻し、再度一番上のカードをめくり、そのカードをディーラーの出した札として扱う。
  4. 手札の中から順に、場札と数字もしくは色もしくは記号の一致するカードを出していく。
    • Reverseカードは、手番が反対周りになる。2人でプレイしている場合はSkipと同じ効果を持つ。
    • Skipカードは、次の手番の者を1回休みにする。
    • Draw Twoカードは、次の手番の者に無条件で山札から2枚取らせる。
    • Wildカードは、場札に関わりなく、自分の手番ならいつでも出すことができ、現在の場札の色を指定できる。
    • Wild Draw Fourカードは、場札と同じ色または同じ数字がない場合いつでも出すことができ、現在の場札の色を指定できる上に次の手番の者に山札から4枚取らせる。
      次の手番の者は、Draw Fourカードを出した者が本当に場と同じ色または同じ数字のカードがないか「チャレンジ」と宣言してチェックすることができる。そして、その内容に応じて追加ペナルティが課される(他にあった場合はそのカードに差し替えた上で出した者が4枚取る、なかった場合は出された者がペナルティも含めて合計6枚取る)。
    • 手札に出せるカードがない場合、山札から1枚取る。この札が出すことのできる札なら、その場で出して良い。手札に出せるカードがある場合でも山札からカードを取ることはできる。
    • 手札が残り1枚になるときは「Uno」と宣言する。宣言を忘れた者は、ペナルティとして山札から2枚取らなければいけない。ただし、次のカードが出されるか、山札のカードが取られるまでに他の者に指摘されなかった場合は取る必要はない。
  5. 手札を全てなくしたものが勝利者となり、役札の処理をした上で、各人の残り手札の内容に応じた点数を獲得する。

バリエーションルールとして、以下のようなものがある(地域差がある)。

  • 自分の手番において色と数字が一致する同一の数字カードは一度に捨てることができる。ただし記号カードは必ず1枚ずつしか出せない。
  • 手札の残り枚数に限らず、最後に2枚の同一カードを出してあがることが可能なときも”ウノ”と宣言する。宣言していなかった場合はペナルティはないが、あがることもできず、カードは1枚のみしか捨てることはできない。
  • Draw Twoカードが出された場合はDraw TwoカードかWild Draw Fourカード、Wild Draw Fourカードが出された場合はWild Draw Fourカードを出せば回避が可能である。この場合取る枚数が累積されていく。またWild Draw Fourカードが出された場合でもチャレンジが出来ない。
  • 各プレイヤーは1ラウンドに3回までカードを裏にしたまま、場札の色と同じ色のカードとして出すことができる。ただしウノ宣言のときには裏にして出すことはできない。および処理の終わっていないドロー系カードの上にも捨てられない。次のプレイヤーは裏のカードの直前のカードの色と同じ色のカードかワイルド系カードのみが出すことができる。カードの数字や記号は無視される。
    • 裏にしてカードを捨てたとき、他のプレイヤーが、そのカードの色が本当は場札の色と異なる(数字や記号は無関係)と判断したとき、次のプレイヤーがカードを出すまでのあいだに”ダウト” を宣言できる。これは最初に宣言したプレイヤーにのみ権利がある。ダウトしたプレイヤーは、まずペナルティとして課したいカードの枚数を提示する。このときダウトされたプレイヤーには3つの選択肢がある。
      1. 相手の枚数に同意してコールする
      2. さらに枚数をつりあげてレイズする
      3. 降参してドロップする
    レイズした場合は相手も再びコール、レイズ、ドロップの選択権を持ち、これを交互に行ってゆく。提示またはレイズできるペナルティのカード枚数は2~5枚となる。
    • 両者が同意してコールとなったら、カードを表にして色をチェックする。場と同じ色ならダウトした側の負けとして、コールした枚数をペナルティとして山札からとる。逆に違う色ならダウトされた側の負けとして、コールした枚数をペナルティとして山札からとることに加えて、裏にして出したカードも手札に戻す。このとき、裏にして出したカードがワイルド系カードだったときは無条件にダウトされた側の負けとなる。
    • ドロップする場合は直前に自分が提示した枚数を山札からひく。なおドロップの最低ペナルティーは2枚とする。ダウト直後、すぐにドロップするときは自動的に2枚となる。ダウトした側がドロップしたときは裏向きのカードはそのままでゲームが再開される。ダウトされた側がドロップしたときはカードは裏のまま手札に戻す。
    • 処理終了後は裏でカードを出した人の次の人の手番になる。ダウトしたカードが正しいカードだったときは、それを新たな場札とする。
  • 始める時のカードは数字のみとする(この場合最初に記号カードが出た場合は Wild Draw Fourカードだった場合の扱いと同様である)。
  • ディーラーを決めずに最初のカードを引いた後ジャンケンをして最初のプレイヤーを決める。
  • 上がるときに Stop の宣言をしなければならない。宣言を忘れた者は山札から何枚か取るペナルティを受ける。
  • Skipカードを複数出して何人も飛ばせるルールを設ける(同じ種類のカードを出すことで、さらに次のプレイヤーに効果をなすりつける事が出来る)。
    • この場合は順番をスルーされる回数が増えていく。尚、Skipのみ回避不能の場合が多い(カードを出す権利自体がスキップされる考え)。
    • Draw系、Skipの同時出しの場合は効果が加算されて現れる。Skipの加算は、「x枚で2x先のプレイヤーまでにSkip」というタイプと、「x枚でx先までのプレイヤーにSkip」というタイプと、自分の次のプレイヤーに全効果が現れる「x枚でx回手番を奪われる」といったタイプが考えられる。
    • Draw系の場合で、Wild Draw Fourカードが出された場合指定された色のDraw Twoカードが手札にある場合はDraw Twoカードを出すことが出来る。この場合も枚数は累積される。
  • 役札での上がりに制限を設ける。もしくは役札での上がりを認めず、数字1枚のみでしか上がれなくするルールもある。
  • 同一のカード、もしくは同一数字のカードの複数出しを認める。
    • これを認めた場合、上がる際に「Uno Stop」などと上がりを宣言しなければならないルールもある。宣言を忘れた者は山札から何枚か取るペナルティを受けることになる。
    • それ以外に、上がる際は1枚に限る場合もある。
  • 手札の合計数を上がりの別条件とする。
  • 点数制にせず、上がった者から順にゲームから抜けていき、残った者でそのままの手札でゲームを続行し、最後の1名(最下位の敗者)が決定するまで続ける。
  • 前述したDraw Fourカードが出たときの「チャレンジ」のルールは、説明書に書いてあるものの知らない地域が多い。

点数 編集

点数制のゲームは、国際ルールと日本ルールがある。カードには下記のとおり点数が定められているのは共通だが、国際ルールは単純に残りのカードの点数を合計した点数が勝者に加算されるのみである(点数が減ることは無い)のに対し、日本ルールは各敗者の残ったカードの点数を減算してその分を勝者に加算(移動)するようになっている。なお、国際ルールは500点先取、日本ルールは回数制である。

  • 0 - 9のカード : その数字の点数
  • Skip・Draw Two・Reverse : 20点
  • Wild・Wild Draw Four : 50点

コンピュータゲーム 編集

ゲームロフト版 編集

2009年現在、マテルからライセンスを受けたコンピュータゲーム版は、主にゲームロフトダウンロード販売している。対応機種は携帯電話、iPodiPhone / iPod touchプレイステーション3WiiWiiウェア)など。オンライン対戦も可能(携帯アプリ、クリックホイールiPod版を除く)。最大4人(一部機種のみ6人)で対戦が出来る。プレイヤーの識別はあらかじめ与えられた色とマークを組み合わせるが、PS3版、Wii版ではそれぞれのアバター(Wiiの場合はMii)を使用することが出来る。

共通する特徴は以下のとおり。

  • 累積(ペナルティ)ルールで累積できるのは同じマークのカードのみである。つまり、Draw Twoカードを回避する場合は同じDraw Twoカードが必要であり、Wild Draw Fourカードでは回避できない。
  • Wild Draw Fourカードのチャレンジは、コンピューターがチェックを行なうため、相手のカードを見ることができない。チャレンジが成功した場合でも、Wild Draw Fourカードは出されたままであり、その時指定した色は有効である。
  • ジャンプルールを搭載。これは、数字(マーク)と色が全く同じカードが出された時に、その時の順番に関係なく即座に出せるルールである。
  • UNO 7-0ルールを搭載。7を出した時に、指定した相手と全てのカードの交換を行い、0を出した時に、次の順番のプレイヤーに全てのカードを渡し、前の順番のプレイヤーの全てのカードを受け取るものである。

XBox 360版 編集

Xbox 360版はマイクロソフトXbox Live Arcadeでダウンロード販売している。

関連商品 編集

  • UNO H2O(プラスチック製で、屋外など汚れやすい環境でも利用できる。カードを出した人を除く全員にカードを山札から1または2枚引かせるWild Downpour【英語で土砂降りの意味】カード(日本語版では「ワイルドドボンカード」)が追加された)
  • ドラえもんハリー・ポッターディズニーなどのキャラクターをデザインしたバージョンがいくつかある。これらのバージョンでは基本の108枚のカードの他に特殊な効果を持つカードが存在する。
  • ドラゴンクエストカードゲーム キングレオ(『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』のキャラクターやモンスター、呪文が登場するカードゲーム。ルールがUNOと似ている)
  • 伊東家UNO(伊東家の食卓で生まれた独自ルールの解説つき)
  • ウノアタック(1999年。電池仕掛けの装置によって引くカード枚数がランダム決定される新ルール付き)
  • 大黒将志スペシャルエディション限定版(UNO大使であるサッカー日本代表大黒選手考案ルールが用いられる。2006年限定版)
  • ウノスタッコ(ジェンガのブロックに色や数字が割り振られており、UNOのルールに従ってプレイしなければならない)
  • ウノダイス(サイコロの目にUNOのカードの色、数字、記号が割り当てられており、サイコロを振って出た「目」を「手札」としてウノと同様のルールでサイコロを消費する)
  • ウノスピン(カードを引く、捨てるなどの指示が書かれたルーレットが付属)
  • テイルズ オブ エターニアにはウィスというUNOをモデルにしたカードゲームが登場し、実際プレイできる。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。